ここから本文です

先日のBS放送の歴史番組で、秀吉によって切腹を命じられた千利休が、実は死んで...

mil********さん

2017/6/1600:24:04

先日のBS放送の歴史番組で、秀吉によって切腹を命じられた千利休が、実は死んでいなかった、というテーマのものがありました。

豊臣秀頼が薩摩に逃れたとか、源義経がチンギスハーンになった、というのと同じ類かと思っていたのですが、どうも信憑性が高いようなのです。
まず、千利休が切腹した、首が晒された、という大事件ならば当時存命の公家の日記や大名たちの書状、商人や茶人たちも書き残しているはずなのに、そういった第一次史料が全く無いこと。
豊臣秀吉が、利休切腹より後に行った朝鮮出兵で名護屋城に滞在中に、(死んでいるはずの)利休の茶のおかげで体調が良くなった、という書状を書いていること。
後者は解釈の違いともいえますが、前者については確かに不可解です。当時の公家、あるいは利休切腹の際にドラマなどで警護していたという上杉家、茶道の弟子だった細川家などにそうした記録は残っていないか、ご存じの方、よろしくお願いします。

閲覧数:
124
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pqr********さん

2017/6/1602:17:56

これは比較的古くから利休引退説があります。これは探すの面倒だな。

質問した人からのコメント

2017/6/22 21:41:46

探しても無いのなら利休切腹説は後世の捏造の疑い濃厚ですね。番組では利休孫が紀伊徳川家に提出した家系図に利休切腹と書いた、とありました。秀吉を悪人にしたい徳川幕府、千家の格式を高めたい利休孫の利害が一致し、大衆に受けやすい話を捏造したように思えます。事件から半世紀が過ぎて当事者は没し、伝え聞いた人たちも大方が亡くなり、そこで事件を捏造して世に出すのは現代日本が悩まされる歴史戦の構造と似ています。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる