野菜ジュース

健康、病気、病院1,767閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

1

1人がナイス!しています

その他の回答(2件)

0

無意味じゃないと思いますよ。 これ飲んどけば一生野菜は食べなくていい!ほどの物じゃないとは思うけど・・・ 飲まないよりは飲んだ方がいいと思うし、砂糖たっぷりのジュースよりは断然いいんじゃないでしょうか。 不足しているのがどの辺りの栄養素かまでは分からないですが、 時々は、食べれそうな本物の(?)野菜を買って、サラダとかで摂るようにするのがベストかも。 粉末の青汁あるじゃないですか。あれをアップルジュースとかパイナップルジュース(いずれも100%)で飲むと 全然普通に飲めます。体にもいいし、肌がきれいになるし、便秘にもいいです。 続けれなくても一度試して見ては??^^

0

①『野菜の不足を野菜ジュースで補う』ということは不可能で、野菜ジュースといえどただのジュースなのでしょうか? 自分でミキサーにかけた野菜ジュースと、 市販の野菜ジュースを飲み比べて頂くと一番わかりやすいと思います。 市販の野菜ジュースは、単にミキサーにかけただけではなく、 洗浄や殺菌消毒して、エキス分を抽出したものです。 線維や栄養素を多く含む野菜そのものではなく、エキスでしかないので、 野菜不足の解消にはならないという、お友達の意見は妥当です。 でも、飲まないよりは飲んだほうが良い・・・かもしれません。 また、味や食感を整え、防腐剤や酸化防止剤を添加したりしますから、 おっしゃるとおり、「原料が野菜のジュース」でしかありません。 ②全く無意味ではなくて、一部は補うことができるならば、不足するのはどういった栄養素なのでしょうか。 例えば「緑黄色野菜」なら、β-カロテン、ビタミンB1、B2、C、カルシウムなどですね。 もちろん、無意味にならないように繊維質(ファイバー)、カルシウム、 加熱殺菌してからビタミンC(アスコルビン酸)を添加など、いろいろと工夫はされていると思います。 (ビタミンCは単に酸化防止剤として入れるんでしょうけど) ビタミンは活性型になってないと接種しても意味は無いので、 β-カロチン(ビタミンA)、チアミン(ビタミンB1)、リボフラビン(ビタミンB2)の形で接種できるかどうか・・・ これらは不安定なので、ジュースの中で、ほとんどが活性を失うんじゃないかと思います。 他にも、トマトならリコピン、ピーマンにはカリウムや鉄やビタミンEなど、 様々なミネラル(微量金属)、ポリフェノール、ビタミンが含まれていて、 生体の免疫、恒常性維持や老化防止などに役立っています。 元サッカー日本代表の中田英俊さんは、野菜を全く食べないそうです。 そもそも彼は、お菓子しか食べないんですよね。 まぁ、お菓子もサプリメントみたいなもんですからねぇ。 なので、無理してまで食べる必要は無いと思いますし、 急に食生活を変えるのも、腸内細菌にとっては迷惑だと思います。