ここから本文です

「燃油サーチャージ」という言葉

アバター

ID非公開さん

2017/6/1710:37:19

「燃油サーチャージ」という言葉

「燃油」という表現をこの言葉で初めて聞いたのですが、なぜ普段使う「燃料」ではいけないのでしょうか?

燃油サーチャージ,燃油,燃料,言葉,表現,フューエルサーチャージャー,燃油サーチャージャー

閲覧数:
43
回答数:
5
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kam********さん

2017/6/1710:39:09

燃料って石炭、ガソリン等のその他をひっくるめての言い方だからだと思います。
燃油だとオイルだと限定さています。
飛行機だからオイルなのでしょう。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/6/1710:47:04

    なんか油を燃やして飛んでるんだくらいはみんな知ってます
    「燃油」では燃料が何かさえわかりません
    過酸化水素燃料の飛行機はないでしょうし

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

kan********さん

2017/6/1712:47:58

製品としての「燃料」ではなく、その原料である原油が値上がりしていることを強調する目的だと思います。そこには、原材料がとんでもなく値上がりしてるんだから、石油関連企業の努力によって価格を抑える余地はないのだよと、そういう言い訳が透けて見えます。

じゃあ「原油サーチャージ」と言えばいいじゃないかと突っ込まれそうですが、それじゃ燃料タンクに原油を入れてるみたいになりますもんね。

pro********さん

2017/6/1712:47:55

>なぜ普段使う「燃料」ではいけないのでしょうか?

いけなくないですよ。
「燃料サーチャージ」という言い方もあります。

ただ、原油価格に連動するものなので、
「原油」から連想しやすい「燃油」を用いることが多いのです。

muk********さん

2017/6/1712:37:14

いけないことはありません。
燃油サーチャージャーの別名として燃料サーチャージャーなどの表現もあります。
英語でもフューエルサーチャージャーといい、フューエルは薪や石炭を含む燃料の意味で油に限定されていません。英語を直訳すれば燃料加算金で、燃油と訳さなければならない理由はありません。

何故「燃油」としたのかは知りませんが、「何故燃料ではいけないのか」という質問には「燃料ではいけないという事実自体がないので、その理由もない」が回答となります。

kat********さん

2017/6/1712:27:14

「燃油」とは、「燃料用の油」のことです。辞書に載っています。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる