ここから本文です

大学の物理学の問題です。

アバター

ID非公開さん

2017/6/2422:00:04

大学の物理学の問題です。

理想気体の圧力Pと体積Vの関係が、P=aV^2であった。いま準静的過程で体積は、0.500(m^3)から2.50(m^3)までなった。この過程での気体になされた仕事Wを求めなさい。ただし、a=4.00(ATM/m^6)とする。
わかる方途中過程教えてください。
また答えは-2.09×10^6(J)です

閲覧数:
99
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jiz********さん

2017/6/3020:49:18

定積分して求めると思います。
1atm=1.013×10^5Paとして、b=a×1.013×10^5とすると
気体がした仕事は∫pdV=∫bV^2dv=[1/3bV^3](0.5→2.5)
この計算結果が2.09×10^6(J)となります。

仕事をする・されるは同時におこります。
そのときした仕事とされた仕事はプラスマイナス反対。
∴-2.09×10^6(J)

のような計算だと思われます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる