ここから本文です

衣類やバスタオルの雑巾臭いは一度ついたら取れないのですか?

kum********さん

2008/7/411:45:29

衣類やバスタオルの雑巾臭いは一度ついたら取れないのですか?

とてもお気に入りのバスタオルが、洗っても太陽に当てて干しても、柔軟剤を使っても匂いが取れなくなりました。

一緒に洗っているタオルや衣類は無事です。なぜそれだけ臭いのでしょうか?

出来ることなら、もう一度使いたいのですが、もう雑巾にするしかありませんか?

閲覧数:
84,688
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

osa********さん

2008/7/412:17:52

洗濯フェチでして、洗濯物の仕上りをとことん追求している主婦です。

この時期、臭いに悩まされている方が大勢います。
少しでも多くの皆さんのお役に立てればと思い回答しています。

"雑巾臭い”の原因は、洗濯しても臭いの元となる皮脂や汗のたんぱく汚れが
十分に落ちていないからです。

わかりやすく言うと、牛乳をこぼして拭いたタオルは、しっかり洗わないと臭いですよね。
牛乳のタンパク汚れが落ち切っていないと、あの”雑巾臭”になるのです。
衣服やタオルも同様に、人間のタンパク汚れが落ちきれていないので、
臭いだすのです。

繊維はもともと臭いません。
新品の服やタオルなどは部屋干ししても臭わないですよね。
こうした皮脂の汚れや雑菌がいないからです。
繊維の奥の落ち切れていない汚れを落とせば臭いは無くなります。

現在、臭ってしまっている衣類やタオルは以下の方法で臭いを落とせます。
まず普通にお洗濯後(余分な汚れを落とすため)、
”粉末タイプ”の酸素系の漂白剤(ワイドハイターなど)に、
洗面器やバケツなどで浸け置きすることです。
※粉末タイプがなければ、洗濯洗剤+”液体タイプ”酸素系漂白剤でも構いません。

この時の最大のポイントは、水ではなく『お湯』(50度くらいの熱め)を使用して、
浸け置きすることです。
ぬるま湯ではなく、やけどはしないけど触ると熱いくらいのお湯です。
1時間ほど、できればお湯が冷めるまで浸けてください。

その後、普通にまた洗濯してください。

【液体ワイドハイター】
主成分は過酸化水素で、液性は酸性です。ウールや絹にも使えますが、
漂白効果を十分出すためには洗剤と一緒に使う必要があります。
液体なのでシミや汚れに直接つけた後、そのまま洗濯機に入れて洗うことができ、手軽に使えます。

【粉末ワイドハイター】
主成分は過炭酸ナトリウムで、水に溶かしてつけ置き漂白するタイプです。
溶かした液は弱アルカリ性なのでウールや絹には使うことができませんが、
洗剤と併用しなくても単独で漂白効果を発揮します。

また、毎日のお洗濯に液体の酸素系漂白剤を使用することをオススメします。
使い続けることによって色柄物の黄ばみ黒ずみが抑えられ、よりきれいで清潔な洗濯方法です。

普段から毎日使用することによって、そ皮脂の汚れの蓄積を防ぐことができます。
柔軟剤などの香りも、より一層効果的になります。

それから、洗濯機を回す際に、洗濯物をたくさん入れないようにすることです。
洗濯の中で洗濯物と水が元気良くジャブジャブと回るくらいです。
ギュウギュウになってしまうと、汚れが落ちきれないし、柔軟剤なども繊維の奥に行き渡りませんので、
効果が薄れてしまいます。

これからの梅雨時は手間を惜しまず、たっぷりのぬるま湯でジャブジャブと、
洗濯洗剤+酸素系の漂白剤も一緒に入れて洗い、強い風でばんばん乾かして下さい。

熱いお湯で、酸素系の漂白剤に浸け置きすれば臭いは落ちますよ。

お気に入りのバスタオル、これからも使い続けたいですよね。
がんばってください。

質問した人からのコメント

2008/7/4 13:13:12

驚く すごいです!感謝です!これ以上のベストアンサーはいないと判断し、即ベストアンサーにしました。早速やってみます!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる