ここから本文です

関ヶ原の戦いの前哨戦である伏見城の戦いで、鳥居元忠が小早川、島津の援軍を受け...

lak********さん

2017/6/1723:23:09

関ヶ原の戦いの前哨戦である伏見城の戦いで、鳥居元忠が小早川、島津の援軍を受け入れていたらどうなっていたと思いますか?

小早川、島津の援軍を受け入れれば伏見城の軍勢は15000人近く増えることになり、西軍側は15000人以上減ることになります。その場合史実でも10日以上かかった攻防戦はさらに長引くことになりますよね?

そうなった場合西軍の戦略はどうなるか、家康率いる東軍はどう行動するか考えるといろいろ想像できるのですが皆さんはどう思われますか?

閲覧数:
192
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

f27********さん

編集あり2017/6/1912:05:46

その場合は伏見城は落ちるどころか、西軍はこれを包囲することすらできません
ということは西軍主力は京都から東へは進軍できず、大坂城を本拠に伏見城の東軍と対峙することになるでしょう
西国から会津征伐軍や上方留守居に加わるつもりで上洛上坂してきて、西軍に編入された大名も、史実より多く東軍についたはずです
そうすれば、東軍の反転西上も容易だったわけで、三成の佐和山城などは東軍の大軍に包囲され逆に孤立無援の戦いを強いられたでしょう
そのような情況であれば、岐阜城の織田秀信も上田の真田昌幸も西軍に付かなかったかもしれませんし
ただし、その場合西軍ははじめから秀頼母子を擁立して大坂籠城という選択肢をとるでしょう
そうすると、逆に結果はどうなっていたかわかりません
東軍の短期での大勝利は西軍主力が美濃まで進出していたからこそです
もちろんそこまで計算されていたわけではなく、あくまで結果オーライですけど

  • f27********さん

    2017/6/1913:02:53

    西軍への内通者を偽って入城させて、裏切らせるくらいの離れ業ができれば別ですけど

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2017/6/1818:11:06

そしたら10何日も持たなかったと思います。島津はまぁあれだとして、小早川は秀秋が囲まれたことに対してパニックになるでしょう。
また、伏見が長く持った理由は、少数精鋭であること。1万5千が加わっても、調略を仕掛ける対象が沢山できます。伏見が持ったのは、普通、謀反を起こす部隊がいますが、伏見は甲賀衆が謀反を起こしたとはいえ、十日してから裏切ったことです。あそこまでの差があったら10日もしないで降るでしょう。また、老兵が多いとはいえ、鳥居元忠以下、松平家忠、内藤家長など、徳川創設から携わった老臣を指揮官に、僅かな兵ながらに団結できたこと。また、少なかったために兵を管理できたことがよかったのだと思います。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる