テニスのエンドライン付近のアウトとインを判定するコンピュータグラフィックのチャレンジシステムは どのような仕組みになっているんですか?

テニスのエンドライン付近のアウトとインを判定するコンピュータグラフィックのチャレンジシステムは どのような仕組みになっているんですか?

テニス1,299閲覧

ベストアンサー

1

ホークアイのことでしょうか? これはコートの周りに設置された多数のカメラによりボールのバウンドする軌道を捕らえ、 コンピューター画像で再生します。それによりボールが IN か OUT かを判断します。 2006年3~4月にアメリカ・フロリダ州で行なわれた『ナスダック100オープン』 (現在の名称は『ソニー・エリクソン・オープン』)で初めて導入されたシステムです。 グランドスラムでは同じ年の全米オープンから導入されています。 ちなみに全仏オープンではサーフェスがクレーコートで ボールのあとが残るためこのシステムは採用されていないそうです。 選手は1セットにつき審判のジャッジに2回まで(ウィンブルドンなどでは3回まで) 意義を唱えることができます。判定が覆った場合はポイントのやり直となりますが、 エースの場合はそのままポイントが入ります。 判定が覆らず審判のジャッジが正しかった場合は権利を1回失います。 各セットでタイブレークになると権利が1回増え、延長セット方式ではファイナルセットで 6-6 になった時点で2回増えます。また、権利を次のセットに持ち越すことはできません。 ホークアイシステムを使用する場合、大きなスクリーンが必要になるので、 センターコートなど一部のコートでしか使用することができません。 またこのシステムを利用するためには1つのコートにつき、2週間で約15万ドルもかかるそうです。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%AA%E5%88%A4%E5%AE%9A#.E3.83.86.E3.83.8B.E3.82.B9

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

わかりやすくありがとうございました。 便利なシステムですね。 全ポイントこのシステムでやればいいと思います。

お礼日時:2008/7/5 19:27