ここから本文です

暴漢に襲われた場合の「暴行罪」と「傷害罪」について教えてください。

dem********さん

2017/6/2905:19:17

暴漢に襲われた場合の「暴行罪」と「傷害罪」について教えてください。

暴漢に殴られかけた時に、攻撃を避けて反撃して対手に怪我を負わせたら、
先手側が「暴行罪」になり、反撃側が「傷害罪」に問われる可能性が高いから、逃げるのが正しいとききました。
足が遅くて、逃げられないと確信していた場合も、傷害罪になるのでしょうか?

閲覧数:
96
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

zmx********さん

2017/7/510:25:33

一概には言えない。
反撃して相手を負傷させる、しかも自分が受けた暴行や負傷よりも大きい怪我や死亡などの結果になると過剰防衛として罪に問われる可能性も出てくる。
殴ってきたことを避けた際に、相手が勢い余って転倒して負傷したなどであれば罪にはならないだろうが、反撃として顔面にパンチや鼻あたりにヘッドバットで骨折…などになるとケンカから負傷させた…と捉えられる可能性も出てくる。
反撃できる能力があるならば、間合いをとって攻撃を受けないようにする…のが一番いいのではないか。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ohn********さん

2017/7/510:03:40

日本の裁判所は、正当防衛を認めず、殆ど過剰防衛にしてしまう傾向にありますので、逃げるのが無難です。

com********さん

2017/6/2909:34:54

正当防衛なので傷害罪に問われる可能性は低いです

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる