ここから本文です

明日、在原業平の「世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし」という...

アバター

ID非公開さん

2017/6/2918:48:17

明日、在原業平の「世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし」という歌について自分で物語を書く宿題を出さなければなりません。

この歌自体の意味や在原業平の思いなどは分かったのですが、それをどうやって物語にすればいいか悩んでいます。
自分なりに物語を作れと言われたのですが難しいです(T ^ T)


何かヒントやアドバイスをお願いします!

閲覧数:
563
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2017/6/2919:01:33

自由に創作していいの?面白い宿題じゃん。

まあ、平凡だけど、高校生並みのアイデアとすれば、
「桜」を業平自身の暗喩として用いて、
業平が、俺って罪な男・・・と気障にキメてる話っていうのはどう?

女たちが(宮中の女房たちがいいね)、
業平の愛を争って、色々と贈り物をしたり、容色を競い合ったりする。
業平は、どの女にも平均的に愛想を振りまいて、のらりくらり。
ここんとこのエピソードを、具体的に二つか三つ、面白いのを入れて。

あるとき、宮中の催し事(花見の歌会)があって、
この女たちが、偶然、一堂に会することに。
私は業平からこんな手紙をもらった、私だけを愛していると書いてある!
私は業平に、君が宮中の女房たちの中で一番きれいと言ってもらったことがある!
何よブス!あんたこそ!
御簾の内は騒然。

その御簾の前の渡殿を、業平がこの和歌を嘯きながら、するーっと通り抜ける。
桜を一枝、御簾の内に投げ込んで。

アバター

質問した人からのコメント

2017/6/29 21:47:43

ありがとうございます!!
アドバイスのおかげですごくイメージが湧いたし、とても書きやすかったです!いい感じのものが書けました(o^^o)

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる