ここから本文です

朝鮮学校の土地が不当に安く転売されていたりする事実を、在日朝鮮人の特権だと憤...

kei********さん

2017/6/3017:01:30

朝鮮学校の土地が不当に安く転売されていたりする事実を、在日朝鮮人の特権だと憤っている連中がいますが、

さあ、それはどうなのでしょうかね?

特権と言えば特権でしょうが、
ちと違うとも言えますね。

まあ、日本がかつて引き起こした重大な過ちによって発生した、
不可抗力の事態というのが、
正解に近いのではないでしょうか?

その事について私の経験から、具体的に検証してみましょう。

昭和30年にGHQの施設で働いていた父親と母親の間で吉祥寺北部の(PX)グリーンパークで生まれた私が、できる限り説明しましょう。

私はGHQが日本の占領統治で多く作った租界(PX)の一つである、旧中島飛行機工場跡地のグリーンパーク(今の吉祥寺緑町付近)で生を受けました。
あ~そうそう、
中島飛行機って、ゼロ戦の機体を作っていた工場ね。(エンジンは三菱重工)。
そして、今はスバル要するに富士重工ですね。

そのころ父はそこから、やはりGHQに接収された武蔵境から出発する西武是政線で府中米軍基地や調布飛行場(今は、味の素スタジアムで有名ですね)に通っていました。

私も程なく、府中基地近くの府中駅前のPXに住むようになりました。

府中駅前のPXは、GHQが日本人地権者から強制的に接収し、行き場を失った在日朝鮮人たちに安く払下げした一等地であり、在日連中はそこで、パチンコ屋や焼き肉屋とか質屋そしてラブホとかを営み、そのPX学区域にある私の通った小学校の一学年のそしてクラスメイトの半数位は在日朝鮮人の二世たちでした。
はっきり言って、もうその時代の彼らは我々日本人より裕福な生活をしていましたね。
その中には、後の府中伊勢丹のオーナーになった者やサクラショウリでダービー馬を輩出し、その後大馬主になった在日一世の息子もいました。
府中基地周辺のPXは、関東村とも呼ばれインターナショナルスクールや少し離れた中島飛行機工場跡地のPXには真子様や佳子様でも有名なマッカーサー元帥肝いりの国際基督教大学(ICU)が建造されました。

そして、その他の大部分は在日朝鮮人たちの商業施設やその中には一部、彼らの教育施設である、
朝鮮人学校が設立されたのですね。
府中は商業施設になりましたが、王子や小平そして立川には大掛かりな朝鮮人学校が建てられました。

ですから、府中には朝鮮人学校が無かったので、私の通った府中駅前の公立学校には在日が多かったのですね。

要するに朝鮮人学校の土地が安く払下げられ転がされる理由は、
戦前こそは日本人の大地主が所有する郊外の駅前一等地でしたが、日本の敗戦後GHQが、日本人の地権者を追い払い強制的に占領統治した土地であります。
そのほとんどが、終戦当時日本人では無かった日本在住の外国人つまり、在日朝鮮人や在日中国人の手に渡った訳ですね。

ですから、

朝鮮学校の土地や建物が不当に安く転売されるのは、その土地がもともと占領軍であるGHQが接収していた土地なのですよね。

その土地の地主はもちろん今でも在日朝鮮人の割合が一番高いですね。

まあ、それは、在日の特権とは、
ちと違うと思いますね。
GHQの日本の占領統治政策で、財閥解体や皇族解体や農地改革と並び、都市部の駅前一等地の日本人地権者を大量に排除して、
再構築し、
日本人に土地所有を認めなかったGHQが、朝鮮半島にも帰れない行き場を失った極貧生活を送る在日一世連中たちに、
駅前一等地を安く与えたのが、
最初の経緯(いきさつ)なのですよね。

閲覧数:
214
回答数:
9

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tar********さん

2017/7/522:19:52

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

una********さん

2017/7/416:29:09

なるほど!それが常磐線沿線や中央線沿線の駅前にソープやテレクラなどの朝鮮商売が多い原因なんですね!

ココダケの話ですが私の家は仙台藩の客人の家系で父方も母方も誰一人太平洋戦争なんか行っていないのであなたの境遇を理解する気はありません。 以上

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

shi********さん

2017/7/300:18:38

いい勉強になりやした。

lja********さん

2017/7/222:36:43

質問者様はGHQがお嫌いなんですかね。
私は、戦後進駐軍の司令塔として統治を始めたGHQによるアメリカ特有の冷酷な植民地的支配方針はエゲツねぇな、と思います。
しかし現地で天皇や白州次郎をはじめとした日本の代表と直接関わったことにより当事のGHQの方針を反故にして戦後日本の復興に少なからず尽力をしたマッカーサー以下数人の米国人には好感を持っています。
まぁ、今となってはこれまでの植民地としてきた国と違い、正面から反抗するでなくしかして儀礼を尽くす裏に折れぬ芯を未だに持つ日本の本質を見て抱いた思いが尊敬であったのか畏敬であったのかは知る術もありませんが、何れにせよ焼け野原の日本を大きく復興させる一因であったことに変わりはなくその一点において謝意を抱いています。
さて、前置きが長くはなりましたが御質問に対して個人的見解ではありますが。
戦後進駐軍により土地の接収と所謂一等地(経済的、戦略的、政治的要所)から当該国民を引き離し短期間で国力回復することを妨げ後の反乱等を予防するのは戦勝国が支配下に置いた国に対して行う極めて定石ともいえる施策と思います。
問題はその後の日本が自治能力の回復を達成した後もそれが継続的にかつ在日朝鮮人にのみ引き継がれて来たこと、合わせて他の外国人学校には行っていない税金からの補助などを受け続けられていることにあると思います。
その特権を持つに至った経緯やそれを与えた者が何者であるかに関わらず国内におけるあらゆる外国人の中で唯一かつ恒久的に朝鮮人だけがその権利の恩恵を受けられている以上、在日特権という表現そのものは誤りではないと私は考えます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

kou********さん

2017/7/201:27:13

あ、やはり出てこられましたね、dugoutdoug2さん!!この方は智恵袋を必死に探し回り、マッカーサーの名前を見つけるとウソと事実のネジ曲げでののしりまくる不思議な人です。マッカーサーの好き嫌いは個人の自由ですが、この方の場合は徹底した個人的な憎悪、しかもどこかのマッカーサー嫌いが書いた大ウソを、御自分の妄想で更に捻じ曲げて罵倒します。

今回の回答でもそうですが、あの大戦争のあとの占領です。GHQが厳しい(ドイツに較べたらはるかに寛容な)統制を行った事をあたかも犯罪の様に批難する。だから歴史・軍事知識の無い人は困るのです。

>>連合国軍最高司令官総司令部その最高司令官がアメリカ陸軍のマッカーサー元帥)であり、マッカーサーの命令は日本が降伏した連合国全体による命令に等しく、日本に拒否する自由はありませんでした。

当たり前ですね。占領期間中は占領国の「自由」は制限される。世界史を少しでも知っていれば理解出来ますがねえ。しかも日本が受け入れた降伏条件にこういう一項があります。

「降伏後、天皇及び日本国政府の権限は、日本が降伏条件を効果的に遂行する為に妥当と思われる措置を執る連合国最高司令官に隷属すべきものとなること」

「連合国最高司令官」とはマッカーサー元帥であり、占領期間中は天皇、日本政府はマッカーサー元帥の下に置かれる、と。

占領期間中の連合国総司令部(GHQ)の各種規制、統制を批難する人がいますが、完全な平和ボケですね。あの様な大戦争のあとの占領統治は厳しくて当たり前。ドイツなんかひどい目にあっていますよ。ある意味では日本はアメリカに占領されたお陰でスポイルされてしまった(笑)

しかもたった6年の占領が終わって日本が主権を回復して既に66年、「自由」は余るほどありますよ(笑)

またまた「覚醒剤」ですか。終戦直後の覚醒剤問題はありましたが、その規模、期間から言うとそんなに大騒ぎするほどの事ではなかった。帰国米兵の「社会問題」??アメリカでは「まったく」問題のされていません。ベトナム戦争と勘違いしているのかな?

わざわざ韓国大統領・李承晩との写真を添付しておられますが、朝鮮戦争の真っ最中です。その韓国の大統領と、北朝鮮・中共軍と戦っていた国連軍総司令官のマッカーサーが会う事になんの不思議があるのでしょうね。こう言う常識的な事すらマッカーサー罵倒に使うのがdugoutdoug2さんです。しかも「熱い眼差しで見つめる」??しゃべっている相手を見ているだけじゃないですか。

dugoutdoug2さんの特徴の一つは、なんでもセックス関係にしたがるという事です。過去の回答でも読むに耐えない下品なウソでマッカーサーをホモだとか「熱い視線」だと、マッカーサーのペ○スは指を曲げたほどのサイズだった、とか罵っています。更にはマッカーサーを評価する日本人はそれで「性的興奮を感じる変態」だ、と。

この方の回答歴を見ると人間関係>恋愛相談が多いのですが、何かセックスがらみにトラウマでもあるのでしょうかねえ?(笑)

この人の最大のウソは、マッカーサーはアジア人、特に日本人を見下し蔑視していた、と。とんだもない大ウソです。その真逆ですね。これは私個人の意見ではなく、マッカーサーがどれだけ日本を愛しアメリカに戻ってからも日本・日本人について好意的なコメントを出したか色々資料があります。マッカーサーについては以下を御参考に。

https://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n75718

なお、マッカーサーと国際基督教大学(ICU)の関係について少し誤解があるようですね。日本では高松宮殿下や当時の日銀総裁の一万田尚登氏たちが中心となり、そしてアメリカのクリスチャンたちからの多額の浄財の寄付などによって建学されました。

マッカーサーはアメリカに設置されたJapan ICU Foundation(日本国際基督教大学財団)の名誉会長として名前を貸した、と。そして大学設置認可が1953年。マッカーサーが帰国して既に2年経っています。色々調べてもGHQによる圧力と言う様な記録は出てきません。

いずれにしてもどこかの駅前の土地を取り上げてパチンコ屋開店、などと言うのとは違う様ですね(笑)。

(下の写真)
当時マッカーサーはタレント並みの人気で、GHQ退庁時には見物人で黒山の人だかり。マッカーサーが日本人を軽蔑していたらこんな人気が出ますかねえ。dugoutdoug2さんは「日本人は騙されていた」とおっしゃるが、私は日本人はそんな馬鹿ではないと思います。地獄の様な戦争が終り、ホッとしたところへマッカーサー主導の食料援助、民主化政策が次々と、、、そういう時代の日本人の素直な気持ちだったと思います。

あ、やはり出てこられましたね、dugoutdoug2さん!!この方は智恵袋を必死に探し回り、マッカーサーの名前を見...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

dug********さん

2017/7/123:22:58

その通りです。
占領当時日本人を苦しめ、現在まで悪影響を残しているのが、土地・建物の進駐軍による接収問題です。
マッカーサーは日本に進駐してくると、GHQの司令部となった第一生命館を初め、日本の官有・民有地を問わず片っ端から接収を命令していきました。

マッカーサーが最初に宿泊した横浜では、中心部や港湾施設などが広範囲に接収されました。空襲で焼け残ったわずかなデパートや劇場に至るまで接収されて、市の都市機能が完全に麻痺しました。また店舗などや事務所を接収された企業は横浜を離れ、港湾施設の接収とあわせて、横浜市は復興の基盤を失い、復興が遅れる事となりました。
出典:横浜市ホームページ
http://www.city.yokohama.lg.jp/seisaku/kichitaisaku/rekishi/yokohha...

その後マッカーサーがクビになり、進駐軍も退去し接収地が返還されると横浜市民の努力で横浜市は驚異的なスピードで復興と発展を遂げましたが、この接収問題は亡霊のように現在日本に悪影響を残しています。
1945年9月に出されたマッカーサーによる羽田空港と周辺地区の接収命令により、住民3000人を48時間以内に強引に退去させたために、日本に返還された後も14名の所有者の行方が不明になり所有権が宙に浮く形となりました。

昨今の、羽田空港の拡張計画に当り、その後の調査でも、本人も相続人も不明であった2件について、弁護士を管理人に立てて登記移転を進めていたところ、法律上不透明な部分が見つかったとして、裁判所の判断を仰ぐ必要が生じ、裁判となり計画が遅れる事となりました。
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO75761330W4A810C1TCJ000/
結局この件は国の時効取得が認められたようですが、似たような状況で所有権が宙に浮いた接収地が日本に多く残っているとの事で、こんな所にもマッカーサーの悪行の負債が残っているのです。

日本が無条件で受け入れた、ポツダム宣言の内容を確実に履行する事を助けそれを確認する為に設置されたのがGHQ(General Headquarters, the Supreme Commander for the Allied Powers、、、日本語では連合国軍最高司令官総司令部その最高司令官がアメリカ陸軍のマッカーサー元帥)であり、マッカーサーの命令は日本が降伏した連合国全体による命令に等しく、日本に拒否する自由はありませんでした。

土地問題以上マッカーサーのせいで現在まで日本を苦しめているのが覚醒剤です。

SCAPIN-389
CUSTODY AND DISTRIBUTION OF JAPANESE MILITARY MEDICINAL
NARCOTIC STOCKS.

でマッカーサーは日本軍が貯蔵していた薬品と麻薬(NARCOTIC)の解放を命令しています。

戦前・戦中に各国で毒性も判らないまま大量に使用されていた覚醒剤でしたが、大戦中の覚醒剤の大量使用で少なからず覚醒剤中毒者が現れており、毒性が問題視され始めていた上に、戦後の薬品不足対応の為に軍の薬品を解放するのはいいのですが、明らかに覚醒剤は緊急性のない薬品であり解放する必要はなかったのです。

実際に覚醒剤は医療現場で使われる事は少なく、殆どが市中に流れて極めて安価で戦前に市販されていた頃よりも遥かに手軽に手に入るようになり、老若男女大量の覚醒剤中毒者を発生させる事になりました。

日本政府はその蔓延ぶりに驚き、1951年に『覚醒剤取締法』を制定し取り締まりを強化しましたが、常習者は引き続き覚醒剤を求め、暴力団等の大きな資金源となり、また新たな常習者も生まれ続け現在に至っているのです。

マッカーサーと覚醒剤と言えば、マッカーサー支配下の日本が覚醒剤の蔓延で苦しんでいた頃、朝鮮戦争が勃発しましたが、マッカーサーが指揮する朝鮮の米軍は治療の為と称して覚醒剤アンフェタミンの静脈注射を行っています。

それまで米軍は覚醒剤を服用しており、中毒性はそれほど高くなかったのですが、現在でも重度の覚醒剤中毒者が行う一番効くとされる(一番中毒になる危険性が高い)静脈注射に踏み切ってしまったわけです。
更にアンフェタミンとモルヒネをブレンド(笑)して強力にした上で注射するといった事も横行していました。当然これら覚醒剤の注射を受けた米兵の多くは覚醒剤中毒になったまま帰国し、後に社会問題化しました。
自分の支配していた日本と、自分の指揮していた米軍両方で覚醒剤を蔓延させたのですから、覚醒剤の歴史(笑)に偉大な(笑)名前を刻んだ(笑)のがマッカーサーと言えるでしょう。

マッカーサーは総司令官だからそんな末端の事まで知らんだろ?というツッコミもあるかと思いますが、マッカーサーは部下を全く信用しておらず、総司令官なのにわざわざかっこつけて部下の迷惑も顧みず前線で直接指揮をし、小規模部隊の武器配置にまで口を挟んできたと言う異常なほど細かい男だったので、野戦病院の治療方針を知らなかった訳はないし、それに知らなかったとしても総司令なのですから責任は逃れられませんね。
同じ『指揮官責任論』で日本軍の山下・本間両将軍を死刑にしているんですから、当然です。

マッカーサーは在日朝鮮人を抑圧したとか李承晩を酷評していたとか、時々反韓反朝鮮の旗標みたいに扱われることがありますが、基本的には日本人を含むアジア人全般を見下し蔑みバカにし差別し嫌ってた延長線にすぎません。

しかし、その中でも一番蔑視してたのが日本人なので、コケにされてた我等日本人から見れば逆に親韓になると思います。
元々マッカーサーライン(笑)なんてわけのわからんもの作って李承晩に付け入るスキを与えたのはマッカーサーだし

李承晩を熱い眼差しで見つめるマッカーサー(アッー ウホッ)このアツアツ(笑)のアホ2人のせいで竹島は韓国に実効支配されてしまいました。
出来レースだろ

その通りです。
占領当時日本人を苦しめ、現在まで悪影響を残しているのが、土地・建物の進駐軍による接収問題です。...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる