ここから本文です

バイクのニーグリップパッドを自作で作成してみたのですが、1センチ厚のゴムスポ...

ptm********さん

2017/7/416:43:29

バイクのニーグリップパッドを自作で作成してみたのですが、1センチ厚のゴムスポンジのものです。かなりソフトです。

膝が軽く触れているだけでもグリップされ、膝に強く力を入れれば1センチ厚に膝が食い込むので、よりグリップされます。

なのに、何故、イボイボタイプのグリップパッドが多いのでしょうか?

閲覧数:
679
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mam********さん

2017/7/418:02:56

イボイボはストンプグリップが有名でレーサーはこっちですけどテックスペックと言う所からはもう少しソフトな感じのニーグリップパッドが販売されております。

ゴムスポンジの物でも実用上問題ないけどレース専用品は耐久性が違います。

レーサーのフルブレーキングは後輪が浮き上がるほどの減速Gですから簡単に磨り減ったり剥がれてしまってはイケませんよね。

ゴムスポンジは良く吟味した物を選らばないと使用してるうちに磨り減ってきたりスポンジ自体が伸びて剥がれてきたりしますがストンプグリップは耐久性が高く一度貼ったらヒートガンでも使わない限り基本的に取り外せない設計で定期交換を前提としておらずかなり長期にわたり使用出来ます。

イボイボタイプはレーサーを対象としていますので厚手の革ツナギでは良い反面私服の薄手のズボンだとイボイボが痛かったりして使い勝手はイマイチだったりする場合も有りますので一概に言えません。

素材の違いは公道かサーキットと言う感じですがバイクのライディングではニーグリップが重要視されている事に違い有りません。

イボイボはストンプグリップが有名でレーサーはこっちですけどテックスペックと言う所からはもう少しソフトな感じのニーグ...

質問した人からのコメント

2017/7/5 09:06:27

ありがとうございます。レーサーはニーグリップの向上を犠牲にして、耐久性を選んでいるということなのですね。

私のバイクはストンプグリップがすでについています。8000円はしそうですし、もったいないのでつけたままで、その上にスポンジを張るようにします。

今まで、とくかくきっつく股しめないとグリップしなかったのが
今は楽チンにできます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

per********さん

2017/7/419:25:53

ストンプグリップはスタントやレースでのハードな使用にも耐えます。街乗りや一般ライダーには耐久性あり過ぎになりますね。耐久性削ってでもソフトなやつ、もしくは当たりが柔らかいほうが向いてる。

だから自分はホムセンのスポンジゴムを勧めてます。耐久性は別として、耐候性や耐薬性もありますし。

自分はタンクとタンク下のカバーにはテックスペックの真ん中のスネークスキンってやつ貼ってて、ひざが掛かるフレームにはスポンジゴム貼ってます。チビが恨めしいですね、タンクに全くひざも腿も触りませんから(°_°)

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる