ここから本文です

ロングセラーの本って売れ続けているのですか?例えば、上智大学名誉教授で英語学者...

sha********さん

2017/7/517:41:08

ロングセラーの本って売れ続けているのですか?例えば、上智大学名誉教授で英語学者の渡部昇一氏の「知的生活の方法」(講談社現代新書)は見るたびに版が違うように思います。

講談社だって株式会社だから、売れなくなれば絶版にしますか?ロングセラーという理由という情けで出版は続けませんよね?

閲覧数:
54
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

qaj********さん

2017/7/518:06:35

講談社は、ロングセラーだろうが名著だろうが、あっさり絶版にします。どんな基準かはよくわかりません。

例えば、講談社現代新書「ヨ―ロッパの個人主義」など、突然、絶版になり、惜しむ人も多かったので、PHP新書から「個人主義とは何か」という題で出版されたぐらいです。

学術文庫でもしばらくたつと、ことごとく絶版にされるので、始末が悪いです。たまに再版される岩波文庫の方が良心的ですね。

  • 質問者

    sha********さん

    2017/7/520:51:21

    「知的生活の方法」が出版され続けているということは、出版から40年以上経ち、著者の渡部昇一氏が亡くなられた今でも売られているということなんですかね?

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/7/12 13:10:32

回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

pik********さん

2017/7/617:23:06

しょうもない出版社は,印刷数を少なくして版を重ね売れているアピールすることもあるようです。
あと有名な出版社の書籍でも,研究者が自費出版に近い形で経費を持っているような場合もありますので,そういうケースであれば実売数に関係なく長寿なのかもしれませんね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる