ここから本文です

未成年の方と運転している方はお酒を飲んではいけないと決められていますが、ノン...

hag********さん

2017/7/1202:50:36

未成年の方と運転している方はお酒を飲んではいけないと決められていますが、ノンアルコールビール(0.9%~)を一定量飲んで、その後警察官に検査される機会があった際に飲酒した人と同じくらいの

検査結果が出たとしたら、その人はお酒を飲んだとその場で捕まるのでしょうか?運転手であればキップを切られるのでしょうか?
飲酒運転、酒気帯び運転、酒酔い運転があるようですが3つともお酒を飲んで……した場合~と、あるサイトでは書いてあったため、ノンアルコールビールであれば酔っても法律上は運転していいのでしょうか?

閲覧数:
125
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

mas********さん

2017/7/1215:42:43

>ノンアルコールビール(0.9%~)を一定量飲んで、
>その後警察官に検査される機会があった際に飲酒した人
>と同じくらいの検査結果が出たとしたら、
>その人はお酒を飲んだとその場で捕まるのでしょうか?
>運転手であればキップを切られるのでしょうか?
「お酒を飲んだ」としてではなく、
「酒気帯運転」もしくは「酒酔い運転」として
検挙されます。当然違反点もつきます。

飲酒運転は通称名です。正式には2つ、
細かくは3つです。
①酒気帯運転 数値0.15以上~0.25未満
②酒気帯運転 数値0.25以上
③酒酔い運転 数値関係なし

①②酒気帯運転は、
「酒をのんだか?」「いつ飲んだか?」
「何を飲んだか?」は関係ありません。
・呼気1L中に0.15mg以上のアルコールが
検出された
という状態で「酒気帯び運転」が確定します。

なので、酒でなく食べ物でも検挙されます。
二日酔いでも検挙されます。

③酒酔い運転は、数値は関係ありません。
平衡感覚がないとか正常な判断ができない、
誰がみてもべろべろの状態です。
定められた一定の検査手法(平衡感覚テストなど)
があり、現場で警察官が判断をします。

>ノンアルコールビールであれば酔っても
>法律上は運転していいのでしょうか?
上記の通り「だめ」です。
道路交通法は何人たりとも
酒気を帯びての運転を禁止しています。

「酒がどうか」ではありません「酒気」です。
なので、食物でも数値をこえれば犯罪です。
前日の酒でも数値をこえれば犯罪です。

また「数値未満なら運転してもOK」
ではありません。
「酒気を帯びての運転を禁ずる」なので。

数値未満であれば、
罰金や懲役の対象となったり、
免許の停止や取消しにはなりませんが、
運転禁止命令と運転代行者手配を命じられ、
それに従わなければならなくなります。

質問した人からのコメント

2017/7/13 02:09:25

皆さま詳しい回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cha********さん

2017/7/1207:31:08

こんにちは。
飲酒運転が禁止されている理由は、正常な判断や運転が困難な状態になり、危ないからです。

そのため、文字で【お酒】と書かれていても、お酒を飲ませないことが目的ではないので、お酒以外のアルコール摂取でも該当し得ます。

そのため、ノンアルコールビールを飲んだとしても、血中アルコール濃度が規定を超えて検知されれば検挙されます。


ちなみに【飲酒運転】は、お酒を飲んで運転することの総称です。


【酒気帯び運転】は、規定値を超える血中アルコール濃度が検出された場合の違反です。

【酒酔い運転】は、お酒に酔って正常な運転や判断が出来ない状態にある場合の違反です。


これらのことによって、酒気帯び運転はお酒を飲めば誰でも検挙され得ます。

一方、酒酔い運転は違反者がお酒に強いか・弱いかによって検挙されるかどうかが変わります。

飲酒が微量でも影響が強く出る人は酒酔い運転で検挙されますし、大量に飲酒しても全く影響が出ない人は酒酔い運転では検挙されません。


概ねこんな感じです。
参考程度で。
お邪魔しました。

プロフィール画像

カテゴリマスター

eit********さん

2017/7/1207:00:12

現在、国産のノンアルビールに関しては、アルコールは0.00%で完全にゼロです。

アサヒドライゼロ アルコール度数:0.00%
アサヒ ドライゼロフリー アルコール度数:0.00%
アサヒ ドライゼロブラック アルコール度数:0.00%
アサヒ ヘルシースタイル アルコール度数:0.00%
アサヒ スタイルバランス アルコール度数:0.00%

サントリー オールフリー アルコール度数:0.00%
サントリー オールフリーライムショット アルコール度数:0.00%
サントリー オールフリーコラーゲン2000mg アルコール度数:0.00%

キリンフリー アルコール度数:0.00%
キリン パーフェクトフリー アルコール度数:0.00%
キリン 零ICHI(ゼロイチ) アルコール度数:0.00%

サッポロ プレミアムアルコールフリー アルコール度数:0.00%
サッポロプラス アルコール度数:0.00%

日本ビール竜馬1865 アルコール度数:0.00%

なので、これらのノンアルビールを飲んで飲酒検問に引っかかることはありません。
もし、これで引っかかるのなら天然果汁に含まれる0.2%程度のアルコールの方が度数が高くなりますからこちらの方が問題です。
また、ビールが大量に飲めるのは、アルコールの分解に大量の水を消費することとアルコールに利尿作用があり水分が尿になって排出されて体が脱水状態になるからです。ノンアルビールにはアルコールが入っていませんからビールのように大量に飲むことが出来ません。せいぜい1ℓくらいしか飲めませんから、上記の銘柄を少々飲んだからと言ってアルコールが検出されることはありません。

ただし、輸入銘柄については1%未満入っているものがありますので注意が必要です。

米国・テキサスセレクト アルコール度数:0.5%未満
独国・ヴェリタスブロイ アルコール度数:0.00%
豪国・ブローリープレミアムラガー アルコール度数:0.9%

プロフィール画像

カテゴリマスター

web********さん

2017/7/1203:36:17

まず未成年者は法律上の飲酒は禁止はされているけど罰則がない為、捕まらない。
補導と叱られるだけ。
罰則があるのは、親御さんと販売した側。

飲酒運転、酒気帯び運転等は「飲酒をしたか、ノンアルコールかどうかは関係なし」。
血中または呼気中のアルコール濃度が一定数値以上であれば罰則、捕まる。

お酒ではない、洋菓子とかチョコレートボンボンは法律上、飲酒にはあたらない。
しかし、それらを食べて運転をして、アルコール濃度が一定数値以上であれば罰則、捕まる。

酒酔い運転は、アルコール濃度が一定数値以上ではなくても運転に支障があると判断されれば罰則、捕まる。

お酒だからノンアルコールだからという規定ではない。

ノンアルコールビールは1%以下のものと0%(アルコール無し)がある。
アルコール飲料は、法律上1%以上のものとなる為、1%以下はアルコール飲料とはならない。
果汁飲料等で発酵してわずかにアルコールが発生するものがあるから。

ノンアルコールビール自体は法律上、未成年者の飲料は禁止されていない。
ただし酒団体、販売業者、お店側が自主規制で、未成年者に販売しないように取り決めている。

yan********さん

2017/7/1203:17:27

おまえはただの世間知らずという程度の話。
ノンアルコールには全くゼロの物もある。それをいくら飲んでもゼロなら関係ない。

もう一つ、1%未満の物なら入ってるんだから
検出されたら当然捕まる。っていうか、考えればわかる程度。
いちいち聞くバカいるかって。当たり前のことがなぜわからないのか?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる