ここから本文です

遺伝子翻訳の時のコドンとトリプレットの違いを教えて下さい。

chi********さん

2017/7/1617:54:11

遺伝子翻訳の時のコドンとトリプレットの違いを教えて下さい。

補足また、「1つのアミノ酸と対応する、mRNA上の3つの塩基配列。」という問題の解答はコドンでなくトリプレットでは駄目なのでしょうか。

閲覧数:
63
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nor********さん

2017/7/1619:32:16

ダメです。

「トリプレット」は「3つ一組」という意味しかありません。
ここに、
「アミノ酸に対応する」とか、
そういう意味は含まれていません。
ですから、
「3つの塩基配列」であれば、
「トリプレット」でも問題ありません。

しかし、
「1つのアミノ酸と対応する」と限定されているので、
「コドン」でなくてはいけません。

たまたま、「コドン」が
「3つの塩基=トリプレット」であっただけで、
本来は「コドン」と「トリプレット」は何の関係もありません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる