ここから本文です

「ぎゅうひ」っていう食べ物の語源は何ですか??何方か教えて下さい!!

yam********さん

2008/7/1010:43:06

「ぎゅうひ」っていう食べ物の語源は何ですか??何方か教えて下さい!!

閲覧数:
3,455
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chi********さん

2008/7/1010:48:45

求肥(ぎゅうひ)ですかね?
ぎゅうひ(求肥)は、白玉粉と砂糖で作るやわらかい餅状の生地で、餅のようにかたくならず、日持ちします。白玉粉のほかに、もち粉を使う場合があります。
中国で牛碑と書いて、祭礼に用いられていたものが日本に航り、牛の革のように柔らかいところから牛皮と書かれました。また院の聞召しで「牛皮飴」を奉ったところ字を改めろとの 命が有り「求肥飴」とされました。昔は黒砂糖や赤砂糖を使用したので色が汚く牛皮と呼ばれまし たが、柔らかく弾力性があるので求肥餅とも呼ばれました。江戸時代では上杉家が、軍用食糧品と して保存が効くので、牛皮を求肥と命名したともいわれ、このころはくず粉・わらび粉・玉砂糖を 餅米粉に入れて火にかけてねり水飴を混ぜて冷やしたものだったそうです。

http://www.ztv.ne.jp/web/tamakichi/zoom8.htm
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%82%E8%82%A5

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gat********さん

2008/7/1010:53:07

「ぎゅうひ」は「求肥」と書きます。

(牛の皮に似ているのでこの名が有るのです。もと牛皮と書いて居たが
のちにこれを嫌って改めたのです)

菓子の名前で、澱粉に砂糖を入れ飴を加えて煮固めたものです。

pin********さん

2008/7/1010:46:02

中国で牛碑と書いて、祭礼に用いられていたものが日本に航り、牛の革のように柔ら かいところから牛皮と書かれました。また院の聞召しで「牛皮飴」を奉ったところ字を改めろとの 命が有り「求肥飴」とされました。昔は黒砂糖や赤砂糖を使用したので色が汚く牛皮と呼ばれまし たが、柔らかく弾力性があるので求肥餅とも呼ばれました。江戸時代では上杉家が、軍用食糧品と して保存が効くので、牛皮を求肥と命名したともいわれ、このころはくず粉・わらび粉・玉砂糖を 餅米粉に入れて火にかけてねり水飴を混ぜて冷やしたものらしいです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる