ここから本文です

ロウ仕上げのフローリングにワックス剥がし剤でワックスを剥離し、その後、誤って...

hak********さん

2017/7/2418:00:05

ロウ仕上げのフローリングにワックス剥がし剤でワックスを剥離し、その後、誤って普通のフローリング用ワックスを塗ってしまい、床に全くツヤが無くなってしまいました。
元に戻すには、もう一

度ワックス剥がし剤で今のワックスを剥がし、例えばリンレイの白木用のワックスを塗れば良いのでしょうか?
詳しい方、アドレスください。

閲覧数:
271
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mun********さん

2017/7/3001:54:50

ロウ仕上げのフローリングってことは、生木なんでしょうか?それともお書きになっているように一般的な塗装加工がなされたフローリングなんでしょうか?

書いているようにフローリングならワックスはお書きになってように剥離剤でとるのですが、ツヤがないことからも、そもそもロウがとれてなくて密着不良をおこしており、フローリング用のワックスはほとんどのってないと思ってよいでしょう。

ロウはわかりやすく例を出すと、カーワックスと同じ感じで水をはじきますよね。ということは極端に言えば剥離剤もはじくわけです。もちろんフローリングワックスもです。ロウはそういうものですよね。(やった翌日以後、ワックスが一見あるようで粉やスリッパが白くなったりしませんでしたか?それが塗布したワックスです。)

ロウを落とすには物理的なこする力でとるわけです。3M社が研磨剤入りで出しているスポンジやスコッチブライトだったかで、こする力が強くすればとれますが、床をキズつけるので難しいところですね。ロウには溶かすような要素が期待できないので洗剤はキズをいれにくくするために補助的に使う感じですね。

今のフローリングがキズついていいなら研磨強く、力も強くこすれば良いだけですが、キズキズになります。フローリングの色合い、光のさし方などで目立ち方に差が出ます。
最初にロウをおとす際にどの程度こすったりしたのか?
ロウはいつごろ塗布したものでしょうか?
つまり多くロウが残っていればそれなりにこする作業をすべき、ただ家なら歩行でとれていくことが期待できないので、そこそこはこすることになるかとは思います。キズの程度を入れたくないなら、研磨剤の細かいものでやるべきで時間と労力は必要で、多少大胆でキズもなむなしなら多少大胆に、完璧にキズなしにならないので・・・。
家の状況や自分の考え方でこのあたりはわかれますね。

もし生木なら白木用でいいのですが、先のフローリングのワックスがしみこんでます。生木に塗ったものをとることもできずどうしようもありません。白木用洗剤で使用方法どおり使って白木用を塗るのよいでしょう。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる