ここから本文です

何故人類は雑食に進化したのですか?

kam********さん

2008/7/1018:33:19

何故人類は雑食に進化したのですか?

原始的な人類、もとい類人猿は果実食だったと言われています。
それならば、何故人類は肉を食べるようになったのでしょうか?
狩猟をするのに手間もリスクも伴う肉食を行うメリットはないように思えますが。

もし果実が手に入る森林がなくなったからとするならば、何故いきなり草食ではなく肉食になったのでしょう。
果実食から食生活を変えるなら草食でいいのでは?

閲覧数:
1,735
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mt_********さん

2008/7/1018:46:21

肉の方が、植物や果実に比べて肉体を作っていく上では重要な成分が多いからだと思います。

また、何か特定の食物だけしか食べないということは、その食物が何かの原因で少なくなった場合、それを食べていたものまで絶滅の危機に直結します。(トキやパンダのような例)
従って、いろいろなものを食べる方がリスク分散にもなりますし、摂取総量の確保も容易になります。

果実が手に入る森林~とありますが、森林の中に住んでいても肉を食べている動物は多いですし、サルの多くもそうです。
いきなり草食から肉食、ではなく、ある一定時期に「雑食」になったと考えた方が自然です。

狩りは手間もリスクも確かにありますが、狩りを行うことで集団の連携からコミュニケーションを形成して言葉などに発達し、武器の工夫から手先の発達や道具の発明も生まれたと言われています。共同体の形成により文明の礎になったとも考えられることから、手間やリスクを考えても良かった…?のかどうかわかりませんが、この今の世の中のきっかけになったとは思います。

質問した人からのコメント

2008/7/10 19:36:06

成功 なるほど、肉食になるというのは意味があることなんですね。
ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

b47********さん

2008/7/1018:46:04

まず果実食を牛などの草食と類似しているとみなす点には、大きな誤りがあります。
果実を食することの最大の利点は、エネルギー源である糖が濃縮されかつ大量に果実に存在する事であり、
その果実を食することで効率よくエネルギーを得る事ができるという事です。

一方草などの植物の主成分はセルロースであり、これを直接分解できる哺乳類は存在しません。
牛などでは、胃の中の微生物がこれを分化して増殖し、牛は分解産物と微生物を栄養源とします。
全く異なる食生活を送ってきたサルが植物を栄養源とするには、きわめて劇的に変化する必要があり、
事実上不可能と言っていいでしょう。

さて、それではなぜ肉食になったか、と言う点ですが、これはご質問の前提が誤りで無いかと思います。
チンパンジーなどを含め、少なくともいくらかのサルは動物の肉も食しますので、
人間の肉食性は、祖先が元々持っていた性質だと思います。
また、現在全くの肉食になったわけでもなく、果実のほか多糖類を多く含む穀物も食べています。

と言うことで、森林で生活していた頃に比べて果実食は減ったかもしれませんが、
代わりに、もともと摂取できる肉(や穀物)を食べる量が多くなった、と考えるべきでしょう。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる