ここから本文です

臥薪嘗胆という言葉がありますが、実はどちらも当時の健康法だったりしないでしょ...

boraboraborareさん

2017/7/2600:00:19

臥薪嘗胆という言葉がありますが、実はどちらも当時の健康法だったりしないでしょうか?

臥薪は薪で寝てる間に背中の凝りをほぐし、嘗胆は苦いけど良い薬になるとか、苦味で目が覚めて仕事に集中できる、みたいな。

閲覧数:
9
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kitayajinさん

2017/7/3112:47:48

想像や解釈は自由でしょうけど、高校の漢文の授業では、そうは習いませんでした。

私は、昔若い頃、体が弱かったので、母親が、何処からか『西式健康法』とやらを覚えてきて、よく廊下の板敷きの床で寝かされました。質問を読んで、ふとそんな事を思い出しました。当時は嫌で仕方なかったですが、今にして思えば懐かしいです。
質問者さんに感謝。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。