ここから本文です

所得税の所得控除の一つに、配偶者特別控除がある。対象者は、「生計を一にする年...

bigvalley16さん

2017/7/2813:28:14

所得税の所得控除の一つに、配偶者特別控除がある。対象者は、「生計を一にする年間所得が36万円を超え、76万円未満である配偶者を有する者」となっている。なぜ。所得金額が36〜76万円

に限定されているか、その理由を教えてください。また、所得金額は収入金額ではいくらになるか教えてください。

閲覧数:
181
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

koori999さん

2017/7/2813:44:15

>所得金額が36〜76万円

38万から76万です。38万以下は配偶者控除の対象になるからです。
38万を超えていきなり配偶者控除がなくなると手取りが逆転してしまうので段階的に減らしましょうという事です。

>また、所得金額は収入金額ではいくらになるか教えてください。

給与収入ならという意味なら所得控除の65万を足せばいいので103万から141万です。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

jtaro_sanさん

2017/7/2813:34:24

36万ではなく、38万ね。

下限が38万なのは、38万までは、
配偶者控除 という控除があるから

所得 0~38万 は 配偶者控除
所得 38万から76万は、配偶者特別控除

所得76万は、給与収入でいうと141万です。

上限が76万なのは、そうきめたから としか
言えません。

※ 来年から改正されます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。