今回の九州北部の水害など災害の現場で家のすぐ脇まで水が来ているのに、動画を撮ってニュース番組に視聴者提供みたいな放送がされますが、お金が動いているんでしょうか? 危険な状

今回の九州北部の水害など災害の現場で家のすぐ脇まで水が来ているのに、動画を撮ってニュース番組に視聴者提供みたいな放送がされますが、お金が動いているんでしょうか? 危険な状 況は見て分かりますが「体験したことのないような災害が起きる可能性があります」と報道されているのに撮影していて、これでもし亡くなってしまったら個人的に「自己責任」と思ってしまいますが・・・。 お金が動いているなら放送局はやめるべきだし、(放送局が仕事として行っているなら別ですが・・・。) ネットにあげて注目を集めようとしているならそれこそ「自己責任」だと思うんですが・・・。

災害 | ニュース、事件66閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

1

そういうちょっとアホな奴が流されて死に、 子孫を残せなくなることで、人類はアホ 含有率を低く抑えています。 そのメカニズムを自然選択説と言います。

1人がナイス!しています

その他の回答(2件)

0

気が付いたら逃げられなかったと思います。 先ず今までそんな災害に出くわしたことがなかった。 自分の家は大丈夫。 怖いもの見たさ。 そして、記録としての動画の撮影。 言葉でいくら言っても、信じない者は信じない。 災害時に救助を求める方々は、皆そうです。 早く避難をしていれば、救助出動はしなくても良いし、尊い命を失わなくていいのですが。 やはりその時の証拠が一番納得をさせられる。 東日本大震災の時も、先人が石碑に「これより先に家を建てるな」みたいなことを彫りこみ、建立していたが、時代と共に一人また一人と、海の近くに家を建てだした。 海を相手の仕事だから、海から離れた場所に家を建てても、不便極まりないので、いつの間にか海の近くが栄えて、挙句昔と同様の津波により全て流された。 あのビルのてっぺんに、大きな船が乗り上げていたが、あれを残すことで、とんでもない津波が来るんだと、言葉は使わなくても、十分に危険性を伝えることが出来る。 話だけだと、「まーた、そんな大げさに話をしてから」と思われるだけ。 映像や画像があると、大雨の際は早めの避難をしようと心がける様になると思います。

0

逃げるに逃げられない・・・なのか 「自分の家は 大丈夫なんじゃないのかな~」 なのだと思います