ここから本文です

三毛猫などの白斑遺伝子(S遺伝子)は白斑を発現させる遺伝子というよりは色素細胞...

sky********さん

2017/8/312:09:47

三毛猫などの白斑遺伝子(S遺伝子)は白斑を発現させる遺伝子というよりは色素細胞としての働きを抑制する遺伝子という認識であってますか?

閲覧数:
78
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

h_e********さん

2017/8/312:24:47

色素細胞の分布を斑(まだら)にする遺伝子というべき。

色素細胞は胚期に神経管の周辺に生じる神経冠細胞(神経堤細胞)に由来する。
神経冠細胞はその後、腹側に向かって遊走し色素細胞やある種の神経節(自律神経系など)、副腎髄質細胞などに分化する。

色素細胞になる神経冠細胞が全身にまんべんなく分布すれば全身が着色するけれど、斑に分布すると色素細胞がないとこができ、その部域は着色しない。白黒のウシの模様、ヒトのホクロなんかが出来るのも神経冠細胞の挙動による。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる