ここから本文です

大文字山に登ってとった石でチャートホルンフェルスというものらしいんですが、表...

chi********さん

2017/8/708:57:31

大文字山に登ってとった石でチャートホルンフェルスというものらしいんですが、表面に雲母が結構あります。雲母はどのようにできたのですか?できれば簡単にお願いします。

閲覧数:
260
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kou********さん

2017/8/1408:44:31

現物を見ずに、一般論で回答することは避けなければなりません(だって全く意味がないもの)。

でも写真がないので一般論になっちゃいますが、
・本当に雲母か。
・本当にホルンフェルスか。つまり堆積岩が火成岩によってやけどされた履歴を持つ石か。

そうだとしたら、
・その見た目は初生的なものらしいか、それとも(ホルンフェルスによく含まれる)紅柱石の風化産物的なものか。

もし表面だけであれば、風化面かも。
でもその面で割れただけかも。
雲母のところ以外はがっしりした石?

このへんを…

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

hei********さん

2017/8/713:02:28

ホルンフェルスは変成岩の一種で熱による変成()によって生じる接触変成岩です。
ホルンフェルス中(特に泥質ホルンフェルス)に特徴的に見られる鉱物としては菫青石、紅柱石、珪線石等です。
泥質堆積岩から導かれたホルンフェルスは黒雲母、紅柱石、菫青石、正長石などを主成分とし変成作用の温度が高い場合には、珪線石や斜方輝石、ざくろ石なども生成します、塩基性火成岩起源のものには斜長石、普通角閃石、透輝石などが出現します、原岩が石灰質の場合には石灰ざくろ石、透輝石、珪灰石、ベスブ石、柱石など、カルシウムを含む鉱物で特徴づけられる岩石が出来ます、このような石灰質ホルンフェルスはとくにスカルンとよばれます。
表面に雲母が結構ということは接触変成作用を受ける前の泥質堆積岩出会って、その中の黒雲母がチャートホルンフェルスに付着していると思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる