ここから本文です

八ヶ岳登山を計画しています。 美濃戸口→美濃戸山荘→赤岳鉱泉→オーレン小屋(テン...

tot********さん

2017/8/822:48:49

八ヶ岳登山を計画しています。
美濃戸口→美濃戸山荘→赤岳鉱泉→オーレン小屋(テント泊)→夏沢峠→硫黄岳→横岳→赤岳→行者小屋→美濃戸山荘→美濃戸口
の1泊2日コースで考えていますが、行程的に無理

があるでしょうか?

また1泊2日で、おすすめコースはあるでしょうか?
赤岳を落とすだけでは勿体無いので、2、3座は行きたいと思っております。
南八ヶ岳だけにこだわっているわけでもありません。

何かご教示頂けたらと思います。

閲覧数:
698
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mot********さん

2017/8/1007:56:08

現在のルート計画『美濃戸口・・・オーレン小屋(テント泊)・・・』について、だいぶ勿体無いと感じましたので、オススメ計画を1つ参考になればと提案します。

麦草峠から〜入山するルート計画です。
1日目入山を麦草峠〜丸山〜中山〜天狗岳〜根石岳〜箕冠山〜オーレン小屋(テント泊)
(箕冠山からオーレン小屋へは直に下っても、夏沢峠経由してもどちらでも可)

2日目以降は原案通り!か、
赤岳〜中岳〜阿弥陀岳を越えて御小屋尾根を美濃戸口バス停まで下って行くコースです。
(御小屋尾根には美味しい水場が有ります!よと、以前頂上小屋番から言われましたので5Lほど土産に持ち帰りました!(笑))

欲張り過ぎる山行計画ですが、如何でしょう?!

好天を祈ります。お楽しみください!

  • 質問者

    tot********さん

    2017/8/1012:22:53

    ありがとうございます。

    僕もそれで行こうかかなり悩みました。

    美濃戸口から麦草峠に戻るには、バスを乗り継ぎじゃないと帰れないと思い、時間もない中、少し面倒だと思い諦め気味です。

  • その他の返信(3件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

pan********さん

2017/8/1014:27:59

ゴツゴツした山稜が好みなら、

美濃戸口―美濃戸―赤岳鉱泉[泊]
赤岳鉱泉―行者小屋―中岳―阿弥陀岳往復―赤岳―赤岳石室
―横岳―硫黄岳―赤岳鉱泉―美濃戸―美濃戸口

というのもあります。

num********さん

2017/8/1012:38:34

過去に行ったコースですが(ただし小屋なので荷物はやや軽く、15時には小屋に着いてます)

初日、美濃戸口⇨阿弥陀⇨赤⇨横⇨硫黄⇨本沢温泉泊(テント張れます)
翌日、本沢温泉⇨夏沢峠⇨東天狗⇨西天狗⇨黒百合ヒュッテ(立ち寄り休憩)⇨・・・⇨北八ヶ岳ロープウェイ使って下山(北横岳にはこの時は行ってません)

b41********さん

2017/8/907:45:57

美濃戸から上がると、赤岳鉱泉から硫黄岳をめざし、横岳縦走して赤岳に至る。そして、赤岳からは時間を見ながら、3ルートのうちの一つを選んで行者小屋を経て、登山口に帰る。
これが、美濃戸まで車を上げられれば、朝5時ごろの出発の日帰りコースの定番です。美濃戸口は遠いから。
行程はおそらく13キロぐらいありますが、このコース取りは多いです。わたしもそうです。もう一つは、桜平から上がって、オーレン小屋を経て硫黄に登り、東天狗まで縦走して、オーレン小屋経由で桜平に戻る、このルートを各日帰りでやりました。
おそらくあなたは、同一登山口を取らればならない事情(車)と、テン泊をする、という希望があるから、上記のようなルート構成になったと思いますが、日程的には問題ないですよ。
注意するところは、横岳を過ぎて三叉峰に向かうとき、三叉峰の杣添尾根との分岐点です。南からくると、赤岳方面には右に曲がりますが、道なりに歩くと、杣添尾根を下ってしまいます。
立派な指示看板があるのですが、濃霧のときに前を見通せず、足元を見て歩いていると、「みちなり」に行きやすいです。そこは杣添尾根。
そして、硫黄岳から横岳に向かう途中は、風の通り道。強風のときは、なぜかとんでもなく吹き荒れます。トイレは硫黄岳山荘がぴか一。
赤岳って「落とす」ほどのものではないです。小学生や中学生が学校登山でワイワイ登っているような山です(西側ルートだけど)ただ、子供は耐久力がなくて、10時間程度の行程は無理なので一泊でやってきます。
南八ケ岳は、御小屋屋根、阿弥陀南陵を残して、ほとんどの一般ルートを歩いていますが、ワタシ的には権現、赤岳間のキレットが一番良かったです。稜線が抜けて遠く見渡せるからですかね。ここは天女山から往復ピストンしましたが(やはり車の問題)ピストンするなら観音平から上がった方が、アプローチに面白さがあった。真教寺を下るつもりで、天女山から登ったんですが、あまりの稜線の美しさに、つい、ピストンしてしまった。
お勧めは、ここですわ。テント組は、キレット小屋。荷を置いて赤岳までルンゼを往復します。
登山口を同一にしなくともいい、という条件緩和があるなら、一泊で、観音平から権現にあがり、キレット小屋泊まりで、赤岳。そこから横岳縦走して硫黄から美濃戸に下る。
個人的に、これが、南八ケ岳1泊のゴツゴツ系ゴールデンコースと思います。硫黄から天狗にかけては、大人しいというか、なんか様相が違いますね。心休まる登山道です。
ただねえ、桜平の登山口は、もう使いたくないですよ。あの延々と長い林道で、対向車があったら、軽く死ねる。美濃戸でバックさせられて、それだけでゲップなのに。(車は四駆ですけど)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Columboさん

2017/8/905:39:14

そのルートをテントで1泊するなら、行者小屋か赤岳鉱泉をベースにして赤岳~硫黄岳の周回にした方が良いと思います。テント関連の装備を置いて歩けますから。
テントを背負って歩くなら縦走したいところですが、1泊で赤岳を絡めるとなると都合の良いテント場がないのでかなりキツい行程になりますから2泊したいところです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

hea********さん

2017/8/900:31:58

公共交通利用の場合ですが、美濃戸から入山で赤岳鉱泉を経由してオーレン泊出来る体力があるなら、初日は渋の湯から入山、天狗岳→根石岳→夏沢峠→オーレンにするとピーク増やせますし、満足度、挑戦度アップ出来ます。また2日目もオーレン→夏沢峠→硫黄岳→横岳→赤岳→中岳→阿弥陀岳→御小屋尾根コース(登山者は少ないですがちゃんとした登山道が整備されて静かな山歩きができます。)で下山という欲張りコースも設定出来ます。このコースは美濃戸を経由せず美濃戸口に出るので自家用車でくる場合は駐車場所注意です。登山地図のコースタイムよりも少し早目に歩けるならオススメ出来ます。ただし、御小屋尾根コースは後半は樹林帯が続いて暗くなるのが早いので、前半で思いの外時間がかかった場合などは北沢か南沢から降りた方が無難。あるいは赤岳山頂から少し引き返して清里側に降りるのも面白いかもしれません。

あるいは初日は美濃戸から行者小屋、ここにベースキャンプを張り、その日のうちに阿弥陀岳をピストン(周回出来るコースもあり)。翌日、文三朗尾根から赤岳アタック、そのまま硫黄岳まで縦走、赤岳鉱泉を経て行者小屋に戻りテント撤収して下山も良いかも。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる