ここから本文です

なぜ山は信仰の対象になるのか?

山山山山の日さん

2017/8/1100:03:26

なぜ山は信仰の対象になるのか?

閲覧数:
59
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

Columboさん

2017/8/1111:36:22

山岳信仰はその山からの恵みを生活の糧にしている人が畏敬の念を以て山を神として崇め奉るからでしょうね。
猟師、農家、林業の人達はその山が無ければ生活が成り立ちませんから、何よりも偉大で大切な「神」と見立てるのでしょう。
誰も見たことない宗教の神さまよりも実際に目の前にそびえているのですから現実的です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

num********さん

2017/8/1110:15:16

目上にあるものを敬う精神や
平地と違い、山の上は天気が読めないことで起こりうる荒天が神様仏様のお怒りだと考えるからでしょう

現代社会でも同じですが、考えることが単純な人だと敬われませんが、複雑且つ人間離れして幅広いともなれば、敬う対象、ひいては信仰もまたそうでしょう

kon********さん

2017/8/1100:44:58

それは人知では抗いようのない大自然に対する畏怖の念があるからです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる