ここから本文です

1型糖尿病を持つ娘(14歳)が、反抗期で インスリン注射や、血糖測定を せず、そ...

アバター

ID非公開さん

2017/8/1218:27:57

1型糖尿病を持つ娘(14歳)が、反抗期で インスリン注射や、血糖測定を
せず、その都度きちんと管理できていれば普通に生活できる事、それをしなければ2型糖尿病と同じく合併症を併発する事を

言うのですが火に油で、ますます反抗して何もしなくなって悩んでいます。放置していると命に関わるし、将来もずっと付き合って行く病気なのでどうしたらいいか困り果てています。同じ病気の方や、家族、友人などにいらっしゃる方、良いアドバイスをよろしくお願いします。

閲覧数:
343
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ts64thさん

2017/8/1402:03:09

アドバイスにはならないかも知れませんが…。
小5でこの病気が判り、即日入院した娘がいます。発症して6年です。
幼少期に発症した子と違い、血糖測定や注射は始めから自分で行うようになっていました。
中1の秋頃に、理由がはっきりしないまま不登校になり、ポンプの穿刺に痛みの恐怖もあってか、1ケ月程代わりの注射もしない日があってしまいました。
そんな時、質問者様がお嬢さんに伝えていた事は、うちの場合娘が1番解っている事なので、余計に気持ちが遠のいていた様な記憶があります。
メンタルクリニックは私も娘と行きましたが、親と本人が個別にカウンセリング(お話)するのですが、随分遡った事や家の状況を詳細に訊かれ、娘が2,3回通院した処で行かなくなりました。
肝心の1型の通院は予約通り行ってくれてましたので、主治医の先生が状況と検査の数値をみて、とにかく1日1回でも打たなくては危険だと話して、渋々打つようにはなって来たかと記憶しています。
打つ回数が、超即効性を食直前に毎回打つパターンには戻れず、持効性2種類を2回に分けて打つような、一昔前の打ち方でやっています。
病気には直接関係ありませんが、前述のメンタルクリニックに行かなくなった後に、在籍校のスクールカウンセラーに相談しに行き、そこで娘がカウンセラーの所に行くには、校外の教育相談室のカウンセラーに相談した方が良い、とアドバイス頂き、最初は親の私だけ、その後娘に別の担当の方が付いて、通うようになりました。
カウンセラーの方からの余計な質問が無いのと、聞き上手で、娘が興味のある話を次回には内容を把握してくれていたようで、楽しく通所出来ていた様です。
近い将来の話が出来る様になって、アドバイスは親がするよりその方がして下さる事の方が、すんなり聞けていた気がします。
高校の話の時も、病気の事を最初に伝えてみた方が良い、と話して下さっていました。個別説明会の時に伝えると、まだ受験前なのに、理解頂き、注射はここでやったら良いよ、と場所に案内して頂いたりしました。
打ち方が打ち方なので、血糖値の高低が激しく、HbA1cも最近は高めです。
それでも回数を打つという選択肢が本人に無いので、打たないよりはまし、と考え、眼底検査もそろそろして貰いに行かないと…という感じです。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/8/1406:55:03

    娘も発症時小6で、当初は自分で
    できないといけないから。と、
    全部自分で行なっていました。
    そのうち、何で自分がこんな病気なんだ、死んだ方がマシだ、面倒くさい、こんな体に産んだ母さんが悪いと。しかし、これはまだまだ最初の壁。これから何度となくやってくるでしょうね...同じ病気を持つお子さんとの実体験のお話は、とても身近に感じ参考になりました。ありがとうございました。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2017/8/1319:29:47

思春期の対応は、本当に厄介ですよね。

残酷ですが、血糖コントロールが悪ければ、

合併症は容赦なくやってきます。

どう理解させ、自分でコントロールさせていくか...。

難しいです。

現実を見せるしかないと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

a0101a0824さん

2017/8/1219:46:20

あれやった?これやった?
あんたのために言ってるの!
なんでわからないの!

のような言い方になっていませんか??

あなたを産むときお母さんはこんな気持ちで、生まれて来てくれて本当に幸せで、病気が分かった時は自分を責めた。
健康な子に産んであげられなくてごめんなさい。
愛しているよ、あなたが死んだら辛い、お母さん生きていけない。
あなたが辛い思いをしたら私も辛い。


出来れば長生きして子供を産む幸せもわかって欲しい。


とドラマチックに伝えて見てはどうでしょうか??心に響かないかな。
赤ちゃんの時の写真みながらあたたかい気持ちでね。


反抗期の時は北風と太陽です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

jirafu2003さん

2017/8/1218:35:34

お子様が今の病気に対して受け入れがたい事実であるかもしれません。しかし、地道に説明して一生付き合っていくしかありません。事実を伝えることは、難しいことかもしれません。友人と遊びたい、進学するためのストレスなど今後来るであろう事実も受け入れていかなければならないと思います。
ストレスの解放は、メンタルクリニックなどのカウンセラーの先生と話し合うのも一つの方法です。お母さまは肉親なので、お母さまの言うことは本人は分かりつつも受け入れがたい事実のなのかもしれません。
病院の先生でも言い方によって本人はm納得できないこともあると思います。
結論で言えば、反抗期と病気とどう向き合うかですが、メンタルクリニックにおいて本人の気持ちをカウンセラーに聞いてもらい、その際に、本人には、内容はカウンセラーの先生に話して・・といえばよいと思います。
この時期、ご本人は私の言うことなどは分かっていない、理解しようとしないと思っているはずのなので、内容は私は聞かないというスタンスでメンタルクリニックというのもいかがでしょうか。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。