ここから本文です

カラシニコフ氏は無学だったにもかかわらずなぜAK-47のようや傑作銃を開発できたん...

syu********さん

2017/8/1312:18:47

カラシニコフ氏は無学だったにもかかわらずなぜAK-47のようや傑作銃を開発できたんでしょうか?

閲覧数:
270
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

syo********さん

2017/8/1412:21:13

良い質問ですね。カラシニコフ氏がAK-47を開発できたのは、いわば国を守らねばという使命感と、絶対に銃を作ってみせるという意地、そして元々物を作る才能があった事に他ならないと思います。
カラシニコフ氏は貧しい農家の生まれで、何の教育も受けていませんでした。そんな中、カラシニコフ氏が幼い頃一緒に遊んでいた友人の家に、古い錆びついたブローニングのオートマチックがあったそうです。その友人は「そんな物、興味ないから持って行って構わないよ。」と言い、その銃を大喜びで持って帰ったカラシニコフ氏は、身の回りにある道具をかき集め、近くの河原で錆を落とし、家の屋根裏部屋で銃を分解し組み立て、付属していた実弾を装填し、動く様になった銃を河原で試射したそうです。その時から銃に興味を持ったらしいです。それから兵役を果たすべく1938年に赤軍に入隊、色々な機械を発明し、司令官の将軍から直々に賞賛され、記念品の腕時計を渡されたそうです。それから間もなくしてカラシニコフ氏は戦車長に任命され、前線に赴きました。そんなある日の事、カラシニコフ氏が戦車のハッチから身を乗り出して周囲の状況を伺っていた所、砲弾が近くに着弾、カラシニコフ氏は重傷を負います。それから他の負傷者と共に後送されるのですが、撤退する途中にドイツ軍の気配を察知し、カラシニコフ氏は動けた仲間と一緒に偵察に出ました。するとその間に負傷兵たちが乗ったトラックが襲撃を受け、乗っていた負傷兵たちが皆殺しにされてしまったそうです。それから何とか病院に辿り着いたカラシニコフ氏は、近くにいた兵士が「ライフルが重くて扱いにくい」と愚痴をこぼしているのを聞き、自動火器の開発に目覚めたようです。それから何枚もの紙に設計図を書き、銃器関連の本を読み漁り、色々な兵科の兵士たちから意見を聞き、短機関銃や軽機関銃の開発をして行ったことで、それが新型突撃銃 AK-47の開発に結びついたのだと言われています。そもそもAK-47は他の突撃銃とは違い、動作不良を防ぎ高い耐久性を持たせる為、各部品の数を少なくし、部品の間隔を開けています。こうする事でM16などと比べて精度は劣りますが、どんな状況下でも作動する事ができる訳です。カラシニコフ氏がそういう斬新なアイデアを考える才能があった事も、傑作銃 AK-47を開発できた理由であると思います。
長文失礼致しました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mik********さん

2017/8/1411:34:28

良い銃を作って祖国に貢献したいという情熱から自らいろいろ勉強したからでしょ?

goi********さん

2017/8/1322:22:00

フョードル・ヴァシーリエヴィチ・トーカリェフ…軍職業訓練学校卒
ジョン・ブローニング…学校に通った記録なし
ゴードン・イングラム…よくて高卒
ジョン・ガーランド…11歳までしか学校に行ってない
サミュエル・コルト…11歳から丁稚奉公
ユージン・ストーナー…高卒で航空銃器整備会社に就職
ハイラム・マキシム…小卒っぽい
アイモ・ラハティ…小卒
フランツ・マウザー…靴職人

デービッド・マーシャル・ウィリアムズ…強盗殺人で懲役30年

有名な銃器発明家で低学歴ないし罪人をあげてみました

カラシニコフが特に無学というわけではなさそうですが…

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる