ここから本文です

「発光病]:月の光を浴びると体が淡く光ることからそう呼ばれ、死期が近づくとその...

sei********さん

2017/8/1414:06:36

「発光病]:月の光を浴びると体が淡く光ることからそう呼ばれ、死期が近づくとその光は強くなる病気

のようにこの世には存在しないような病気(不治の病で確実に死んでしまう)のアイデアが

あったら教えて下さい!

閲覧数:
15,883
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lit********さん

2017/8/1414:24:44

シャボン玉病。
まるで触るだけで割れるように
皮膚や血管が脆い。
なので自宅の場合は走りまわったり
して巨大なアザが出来たり
くしゃみしただけで両鼻から鼻血が
出て危険なので、死ぬまで
特別病棟。
ただ優しく肌に触れたりしたら問題ないが
硬いのにぶつかると皮膚が裂ける。
なので肌に柔らかい素材のベッドにしか
生きられない為に
命は幼児まで。
死期が近づくと、強いストレスで自分の意志があり
嫌だと思う年齢になりさらにシャボン玉病が
進行して柔らかいベッド駄々をこねただけで
全身皮膚や様々な血管が破って
死亡。
絹が裂けるような断末魔が
響き渡り、ベッドが血の海になる。
皮膚が破れた死体になるため
葬式でははまるでミイラのような
全身包帯姿。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「発光病」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

chi********さん

2017/8/1414:14:05

[ 嘔吐中枢花被性疾患]通称:花吐き病

片思いを拗らせると口から花を吐き出すようになる。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる