ここから本文です

たくさんの回答お待ちしております。

アバター

ID非公開さん

2017/8/1504:37:31

たくさんの回答お待ちしております。

【奨学金を借りてまで大学に進学する意味】
とは何ですか?

要点すると...(詳しくは下の説明見て下さい)
・進学先は私立美大
・国公立を目指すほどの学力はない
・実技はそこそこ得意
・奨学金を借りないと大学に通えない
・奨学金での破綻を知り将来の選択に悩んでる
1、レベルを落として優秀(奨学金)でいれる大学にする
2、就職してからの美大
・進学したあと就職希望
・環境デザイン、空間デザイン希望(今のところ)
・仕送りはなし

自分は美大...と言いましても視野に入れているのは私立がメインです。
裕福な家庭でもないです。
予備校に通っており、毎日デッサンに4時間位かけて頑張ってます。目標は多摩、武蔵野!!
有名な予備校の先生には多摩美で勝負できるくらいの実力が身についてきているだそうです。
ですが、奨学金を借りなければ通うことは不可能なのが現状です。
国公立にいけるほどの学力はなく、私立に絞って勉強に励んでます。
しかし、調べてみると奨学金により破綻する...なんてこともあるのを知りました。
特に私立の美大は学費が高く、受験すべきか悩んでます。
自分の中の選択肢としては...
大学のレベルを落として優秀な人だけの奨学金で通うパターン。この場合就職がなかなか出来にくかったりしますか?
進学を諦めて一旦就職からの何年後かに美大を受験するパターン。(昔から美大に通いたかったのでよほどのことがない限り諦めきれないと思います。...性格上)ですが、自分の通っている学校は進学校で就職に関してはすこぶる悪いらしいです...
自分は払えてない人ばかりに注目してましたが広く見ると払えている人がほとんどなのでしょうか?
将来海外旅行行きたいなぁと思ってますが、奨学金を借りることによって叶わぬ夢になりますか?

あまりにも大金過ぎて先が見えず心配です。親からの仕送りは不可、全部自分でやりくりしないといけません
美大に行く理由は学びたい、将来就職する時学んだ専攻がいかせる仕事がしたい、少しでも上に上がりたいからです。

ダラダラと長くなりすみません。回答よろしくお願いします。

補足再度調べ計算しました。
やはり、学費は高く追加で画材もとなると入ったとしても置いていかれるのは想像できます。
また、40,50まで返済とかが得ると夢が無くなりますね、、
わかってはいた事ですが再度認識しました。

質問なのですが、将来の夢が決まった場合
専門学校など資格などが取れる学校に進学→就職
のほうが賢いですか?
専門学校だと就職は危ういですか?

閲覧数:
596
回答数:
15
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

violetto443さん

2017/8/1523:38:19

自分の頃とは全く時代も状況も違うので、具体的な話は出来ませんが・・・

自分も「画家になる」と友人知人に知られた時・・・自分で言ったわけではありませんが複雑な事情なので省きます・・・殆どのひとから「考えが甘い」「世の中そんなものじゃない」と言われました。

その時に正直に思ったのは・・・なぜみんなは必ず失敗すると思うのだろう?という事です。

世の中確かな事なんて何もないのに・・・

どんな職業に就いても、そこが潰れる事もありますし、公務員で安泰だと思っていても、病気で続けられなくなってしまう事もあり得るわけですよね。

あなたが多摩美でも武蔵美でも入って、奨学金で借金を背負っても、有名なデザイナーになって年収が数千万円という事だってないわけではないですよね。

もちろん冷静に考えれば、そんなに簡単な話ではないですが、才能が必要な仕事って結局はどれだけ自分の事を信じられるか?なんだと思います。

もしあなたが美大に進学して、40,50まで返済に追われる事しか想像出来ないのであれば、それはやめた方がいいです。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/14件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2017/8/1623:38:56

確かに給費でなければ所謂「教育ローン」ですから金利付く場合が多いです。でも実際大学に入って前向きなプランでキャリアを積めば決して後悔するような事にはならないと思います。例えば教職とって美術の教員とかになればローンの返済プランはずっと立てやすくなると思います。やっぱ公務員は安定してますから。また、私事ですが学費がきつくて1年2年休学して学費を稼いでから復学してきた友達も居ります。現時点のネガティブな感情で将来のプランを狭めてしまうのは非常にもったいないと思いますよ。また両親の反応はどんな感じですか?あなたに熱意次第で両親の反応も変わってくると思います。

r1100gs94さん

2017/8/1621:58:23

奨学金ってのは社会があなたに投資するということです。
別にあなたの生活を助けるためのお金じゃないのです。
返すのが辛いから投資はいらない、ってのは、
その投資に見合うものをあたが社会に還元する自信がないってことですよね?
ならば借りるべきではないでしょう。

家庭環境とか関係ないです。
仕送りナシでムサビなどの授業料が高額な美大を卒業した人なんていくらでもいます。
私の知人にもいますが、彼女はルームシェアして家賃を切り詰め、授業料は複数の奨学金で賄い、生活費はバイトで稼いでいました。
そして卒業後大手企業にデザイナーとして就職し、数年で奨学金を完済していました。

この事実を「それはたまたま上手くいった人の話でしょ」と思うのなら、やはり別の進路を考えたほうがいいと思います。

誰が返して誰が返せなかったとか他人のことはどうでもいいのです。

問題はあなたがその可能性に賭けるか賭けないかです。

crl11410さん

2017/8/1612:55:59

残念ですが無理でしょう。

そもそも美大芸大は
①ものすごく実技の力がある
②ある程度の学力がある
③経済的にも問題ない
という条件を全てクリアーした場合に進学するところじゃないですか。

実技はそこそこ程度、学力もない、そして金銭的にも厳しいということだと条件のどれも満たせないですよね。

まあどれか一つでも満たせれば…ってこともあるでしょう。
たとえば画力だけは天才的なら東京藝大という道もあるしたとえ美大芸大に進学せずともいずれ何某かで世の中に出られるんじゃないですか。
また経済力だけはあるってことなら就職も関係ないんでFラン美大に進学すればいいだけですし。

でも質問者さんの場合はそれも該当しませんよね。

また学力がないから私立っておっしゃってますけどタマムサは学科試験もありますからある程度は学力ないと難しいですよ。
実際タマムサの学生は進学校出身者が多いです。

世の中何でも思ったように進めるわけではありません。
残念ながら諦めなければならないこともあります。

無理くりゴリ押しして借金増やして行き詰まるよりここで潔く撤退した方が賢明じゃないかと思います。
自分に与えられた環境の中で自分の人生にとって一番ベストだと思える選択肢を取ってそれを突破口にして向上したらいかがですか。

美大に行かなくてよかったと言える人生を歩むってこと。
持ってないものにムダに執着するより自分が持っているものを最大限利用した方がお利口じゃないですか。

2017/8/1610:29:20

バイオレットさんの言うようにライフプランのイメージの問題は大きいです。

確かに今現在の奨学金制度は美大には向いていませんが、そうは言っても就職次第では楽に返せる金額です。

親の仕送りや親戚関係の協力などなどを最大限に使えれば(最初からダメと諦めず)粘り強く方法を探す努力ができて、それなりの受験成果がありさらには就職もできたと言うプランを描けて、そのための努力ができるのなら叶わない夢はないと思います。

もちろん人生はプラン通りに行くとは限らないわけですが、どんな状況でも常に前向きなイメージを持ち続けられないとすぐ妥協することになり夢も叶わないでしょう。

最終目標をどこに設定するかも大切です。美大を最終目標にしてしまうとなかなか厳しいものがありますが、デザイナーになる事、クリエーターになる事、どういうふうにお金を稼いで暮らしたいのかなど、自分の将来像を描いてそのための手段の一つに美大を据えれば、選択肢は幾らでも増えますし、条件に応じた判断ができるようになると思います。

実際に一般文系大学から一度は一般企業へ就職、その後専門学校に行き、デザイン事務所への就職、そして自分の事務所を起業と歩んできた知人がいますが、美大は出ていなくてもとても良い仕事をしています。現在は有名美大卒のデザイナー数名をスタッフに迎え入れて規模を拡大しています。

結局はその時点での選択肢をどう未来に繋げられるかは自分のイメージ次第なのです。

クリエイトするという事はイメージ力の問題でもあるので、進路に関しても同じ事が言えるでしょう。

aco_maybeさん

2017/8/1517:56:21

1.…レベルを落とすと、就職で苦労して奨学金を返せなくなる可能性が高くなる

2.…高卒で働いて学費を貯めるということ?10年以上くらいかかるし、そんな年齢になってから美芸大を出ても就職はないので、現実的ではない


なので、国公立美芸大を目指すのが、一番現実的だと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。