ここから本文です

B-29の無差別爆撃司令官ルメイになぜ勲章を与えたのですか。 一般市民を標的とし...

yam********さん

2017/8/1916:19:06

B-29の無差別爆撃司令官ルメイになぜ勲章を与えたのですか。
一般市民を標的として焼夷弾と原爆を落として死者100万以上と国土を焦土とした司令官に、佐藤総理の時に防衛長官小泉純也(純一郎

の父親)の推薦で、航空自衛隊育成功績で勲章を貰ったそうです。
この行為、普通の神経では解らないのですが、当時の事情等をご存知の方、教えてください。
(「真珠湾攻撃の参謀将校源田実が戦後米国から勲章を貰ったお返し」みたいな戯言は無しですよ。源田実とルメイの功罪では、幕下と大関ほど違っているから)

閲覧数:
318
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

one********さん

2017/8/2009:11:00

ルメイの勲章については、戦後のことですから↓sleepugiggy_zzzllx_xlllさんが回答されているとおりです。

戦中の無差別爆撃についてですが、戦略としてはウィリアム・”ビリー”・ミッチェルが開戦前の1919~22年に書いた「爆撃構想ノート」と呼ばれるレポートです。

彼の考えでは国を支える一般市民を攻撃して戦意をくじき、一般市民の要求で政府は戦争を終わらせるだろうというものでした。

さらに、彼は1924年には「真珠湾奇襲攻撃」を予言したような発言もしています。

しかし、彼の過激発言は当時の陸海軍の間で軋轢を生み軍を除隊処分となります。

そして不遇なまま1936年に56歳という若さで亡くなります。

戦後、ミッチェルは再評価され故郷のミルウォーキーには彼の名前を冠した空港が作られました。

そのミッチェルの意志をついだのが、ヘンリー・”ハップ”・アーノルドです。

当初、日本への空襲は無差別爆撃ではありませんでした。

軍需工場などを対象とする精密爆撃だったのです。

風の流れや飛行高度をいれれば自動計算で正確な爆撃が行える『ノルデン照準機』を使用したものです。

ところがB-29の飛ぶ高度一万㍍にはジェット気流が吹き、さらには爆撃を始めた日本の冬の空は雲などで荒れていました。

これでは思ったような成果は出ません。

そして、この当時の司令官はヘイウッド・ハンセルで解任後がカーチス・ルメイです。

1945年2月、海軍の小型機がB-29より先に低空による東京への爆撃を成功させます。

これがアーノルドやルメイのプレッシャーになります。

海軍の爆撃成功から2日後に、アーノルドはルメイに「都市への焼夷弾攻撃を試せ」という指令を出します。

さらに、ドイツへの空爆とは違い日本では対空砲火が少ないことが災いしました。

これがB-29の爆撃を一万㍍からの高度ではなく低空でのものにさせました。

1945年3月10日、325機のB-29は焼夷弾をより多く積むため機関銃などは取り外していました。

この爆撃についてルメイは事前にアーノルドには知らせませんでした。

もし、失敗すれば自分ひとりが責任をとるつもりだったのです。

この爆撃後、アーノルドはルメイに「ありがとう。この作戦であなたたちはあらゆるものに立ち向かう勇気があると示した」と電報で伝えました。


沖縄戦後には『日本本土上陸作戦が11月1日決行予定』と計画されていました。

恐ろしいのは実行されませんでしたが、東京・横浜・川崎・大阪・神戸・名古屋・八幡への『毒ガスを使用した爆撃』です。

  • 質問者

    yam********さん

    2017/8/2010:17:20

    貴方も「無差別爆撃は正当な戦争行為」と言う認識なのですね。
    だったら、毒ガス等の化学兵器、細菌兵器も原則OKなのでしょう。
    毒ガス、細菌兵器、核兵器、さらには地雷、ナパーム弾等非人道的兵器は、使用禁止の動きにある。
    過去未来も無差別爆撃を是認する論拠はないのです。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sle********さん

編集あり2017/8/1920:38:08

戦時のことは終わったこと、戦後日本が独立国家として確立して行く中で必要不可欠な空軍戦力=航空自衛隊の設立に大きな役割を果たしたからですよ。戦時の事情と、それが終わって諸々済んだ後の功績は別物です。

東京大空襲やその他本土の無差別爆撃にしても、その方針が決まったのはルメイが爆撃機部隊の司令官に着任する前。ルメイは自身が無関係な時に戦略に対して、それをいかに実現するかの効率的な戦術(低空進入による爆撃)を考案したにすぎません。無差別爆撃の人道的責任を問うなら、ルメイの上司であるヘンリー・アーノルド大将でしょう。ルメイは軍人として上官の命令に当たり前に従ったにすぎませんので。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる