ここから本文です

銀行は、返さない人間も考えての金利を設定しているのですか。 金を貸すと、何パ...

dyw********さん

2017/8/2109:49:48

銀行は、返さない人間も考えての金利を設定しているのですか。
金を貸すと、何パーセントかはわからないですが何人かは絶対に返さない人がでてきますよね。
事情が変わったりすることもあるで

しょうし。
亡くなる場合は当然あるでしょうし。
今まで自分は他人におカネを借りたことがないのですが、そういうのは上手い具合に避けるような手を打ってあるのですか。
死んだ場合は、生命保険で回収するとか。
担保に取っているモノをとるのでしょうか?

閲覧数:
83
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

渕本さんの画像

専門家

2017/8/2412:35:57

元銀行融資審査役職者で、融資の回収業務の経験もある、銀行対策コンサルタントの渕本です。

>銀行は、返さない人間も考えての金利を設定しているのですか。

金利の適用要件は、返せなくなる率=デフォルト率も、勘案しています。

もちろん、それだけではなく、例えば、融資期間など、いろいろな要素を検討して、決定されています。

>上手い具合に避けるような手を打ってあるのですか。

担保などを取得することもありますが、全額回収できるとは限りません。

返済できなくなるリスクがあるので、利息がいただけるのです。

質問した人からのコメント

2017/8/26 12:58:11

みなさんありがとうございます。
銀行の貸出ついては、実際のところは銀行に100万円がなくてもAさんに100万円を貸せる仕組みだったりもするのですね。
そういう仕組みになっているらしいですね。
普通の素人が知らない仕組みになっているようですね。
それこそ、銀行にもレバレッジが掛かっているのですね?

回答した専門家

渕本さんの画像

渕本 吉貴

資金調達コンサルタント

豊富な融資審査経験を有する資金繰りコンサルタントです!

元銀行融資審査役職者の融資取引対策・資金繰り改善コンサルタントです。 起業・創業段階から上場企業まで、豊富な融資審査経験を持ち、より実践的なコンサルティングをしています。 1級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)保有者。 【 主...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

tom********さん

2017/8/2417:37:40

銀行は基本的に危ない橋は渡りません。
その人の持ってる範囲内で貸す感じです。
融資する際は必ず担保をとります。
人によっては信用保証協会に入らせます。
この際の手数料は借りた人持ちです。
(これで基本、何かあってもお金は保証協会が出します)
資産がない人は資産がある人の連帯保証をとります。
これで、その人がどうかなっても連帯保証の人が払います。

土地担保であれば売買可能額の70%くらいが枠です。
30%は余裕をみます。

ここまでして初めて融資してくれるのです。
引っ掛かることと言えば、むしろ小口のカードローンでしょう。
こうしたのはその分金利が高くしてあります。
住宅ローンの際も火災保証や生命保険の確認があったりします。
死んだ場合、債権も相続されます。
ローンがあって、相続しないのであれば、自宅が競売され担保を入れてる銀行にお金が入ります。
よほど大きな倒産でない限り、銀行も取りはぐれがないようにはしています。

bot********さん

2017/8/2111:40:12

>返さない人間も考えての金利を設定しているのですか。

サラ金の考え方はこの通りです。
だから高い。

でも、銀行の場合は「貸す相手」の信用度合で金利を決定します。

当然に「貸倒れ」は発生します。

「保証人から回収する」などは現実には殆どありません。
そもそも「保証人が払ってくれる」などとは考えてもいません。

担保(不動産など)処分での回収も、全額回収には程遠いのが現実です。

そこまで100%取り損ないの無い融資ばかりを追っていたら、銀行業など成り立ちません。(貸せる相手が居ない)

「銀行業」というビジネスの仕組み自体が、ある程度の貸し倒れが発生しても経営が揺るがないように出来ています。
あまり巨額な貸し倒れが発生すると、当然に経営が危うくなりますが、どんな大口であっても企業が1社潰れたくらいでそういう危機には陥ることはありません。
(逆に言うと、1社に対して自分が危うくなるほどの巨額融資は行わない)

プロフィール画像

カテゴリマスター

jun********さん

2017/8/2110:11:09

銀行も商売なので、過去の貸倒れの発生率から、
どのくらいのリスクがあるかを見積もって、
利息を計算しています。
だから、上場している企業あての融資と、カードローンを利用する、
個人向け融資では、金利が何倍にも違いがあります。

尚、借主本人が亡くなっても、借金は消滅せず、
法で定められた相続人が引き継いで返済をします。
不動産取得のための借金なら、その対象不動産を担保設定するし、
中小企業などへの事業融資には、自治体が運営する保証協会を利用し、
貸し倒れリスクを回避する工夫をしています。

bla********さん

2017/8/2110:05:02

回収不能の損益はあるけど銀行はかなり慎重だから担保や保証人取る。
街の金貸しのが審査緩いので貸し倒れは多いと思う。

やたら金貸すアメリカとかプライムローン問題で経済が崩壊したけど日本はそこまで簡単に金は貸さない。

住宅ローンとかは本人死亡の時に残債分受け取れる生命保険加入させられるんです。

sam********さん

2017/8/2109:53:29

dywgb533さん

もちろん、ある程度回収不可能になってしまう人が出ることは想定済みです。

ただ、保証人を立てているので本人が無くなっても保証人から回収しますし、
土地などの担保を付けていたりと、いろんな回収方法で回収不可能となりにくいようにしていたりします。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる