ここから本文です

戦隊の裏話を幾つか教えてください。

rku********さん

2017/8/2321:22:16

戦隊の裏話を幾つか教えてください。

閲覧数:
639
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

tamamirkoさん

2017/8/2400:00:28

●映画「ジャッカー電撃隊vsゴレンジャー」には、写真だけだが仮面ライダーV3、アマゾン、人造人間キカイダーが「世界各地で戦っている」と紹介。
既にライダーと戦隊の世界観は繋がっていた。
●ゴレンジャー、ジャッカーは、バトルフィーバーJとは何ら関連のないTV番組だった。
●バトルフィーバーJとキャプテンアメリカは「従兄弟」のような関係。
●「五星戦隊ダイレンジャー」は、クランクイン直前まで赤=リュウレンジャーと黄=キリンレンジャーの配役が逆だった。
●そのダイレンの仮題は「中華戦隊チャイナマン」。
●パワーレンジャー放送当初、米国では人気TV番組は10年でも継続させるのが「当たり前」なので、米国スタッフは「人気のある番組を1年で終了させているのが理解出来ない」そうです。
●ゴーカイジャーで旧作ヒーローが大挙して出演するが、古い作品は当時使用した布地が既に流通しておらず、新造した衣装の色が妙。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

the********さん

2017/8/2622:48:45

・「秘密戦隊ゴレンジャー」のキャスティング時、既に「仮面ライダーV3」で主役ヒーローを演じていた宮内洋氏は、アオレンジャー=2番手のヒーローを演じることに当初は乗り気では無かったが、原作者の石ノ森章太郎先生を始めとするスタッフの、「アカレンジャーが宮本武蔵ならアオレンジャーは佐々木小次郎のイメージ」という説明に納得し、クールなサブリーダーを好演した。

・その宮内洋氏=アオレンジャーだが、番組の序盤は一人だけ別行動を取るなどして出番が少ないのは、宮内氏が同時期「刑事くん」にレギュラー出演していたため。

・昭和ライダーのスーツアクターとして知られる中屋敷鉄也氏は、「ゴレンジャー」では主にアオレンジャーを演じていたが、第46話では機関車仮面の役を担当。中屋敷氏としては珍しい怪人役を楽し気に演じていたという。

・映画「ジャッカー電撃隊VSゴレンジャー 」は、企画当初は「大鉄人17VSジャッカー電撃隊 」の予定だった。

・スーパー戦隊初の巨大ロボである「バトルフィーバーJ」のバトルフィーバーロボは、当初は第1話から活躍させる予定だったが、デザイン作業の難航によって着ぐるみの製作が遅延し、更に特撮監督の矢島信男氏が映画「夜叉ヶ池」の製作に携わっていたというスケジュールの都合もあって、本格的な登場は第5話からとなった(第4話までは建造中のシーンのみ)。

・「超電子バイオマン」は当初、現代にタイムワープしてきた桃太郎、金太郎、一寸法師、かぐや姫の四名に現代人一名を加えた五人で戦隊を結成するという企画だった。完成作品で、レッドワンに動物と会話できる能力があるのは、桃太郎(犬、猿、雉子が仲間)だったことの名残である。

・嶋大輔氏は、「超獣戦隊ライブマン」の主題歌を唄うためにレコード会社をキングレコードから日本コロムビアに移籍した。

・漫画家・鳥山明先生の息子さんが戦隊シリーズを観るお年頃になった頃に放送されていたのが「地球戦隊ファイブマン」。それを観た鳥山先生が影響を受けて「ドラゴンボール」に登場させたキャラクターが〝ギニュー特戦隊〟である。

2017/8/2417:28:38

・レッド役がリーダーになることが多いのはゴレンジャー制作当時の子供たちが一番好きな色だったことに由来している。

・電子戦隊デンジマンは元々「電子マン・トリッガー」という名称で制作が進められた。

・超力戦隊オーレンジャーのOPは「虹色クリスタルスカイ」になる予定だった。

・80年代にレッド役のスーツアクターを担当した新堀和男氏は百獣戦隊ガオレンジャーVSスーパー戦隊の撮影で約十年ぶりにレッドファルコンのスーツアクターを担当することになったものの、マスク装着時における呼吸法、動き方を忘れ死にかけたらしい。

・電子戦隊デンジマンのデンジ犬アイシーは第36話の撮影時点で死んでしまった。以降は他のチャウチャウ犬や過去のカット割りを流用するなどして対応した。

・戦隊の特徴である名乗りはゴレンジャーの殺陣を担当した高橋一俊氏によって歌舞伎の白波五人男を元に導入された。

・90年代後半に作品のプロデューサーを務めた高寺成紀氏は戦隊の基本コンセプトである「5人で力を合わせて強大な悪に立ち向かう」ことを「ただのよってたかって弱い者いじめをする教育に悪い風潮」と誤解されるのが非常に辛かったと語っている。

・高速戦隊ターボレンジャーで炎力役を演じた佐藤健太氏は当時レットターボのスーツアクターを担当していた新堀和男氏から「お前はレギュラーメンバーの中で最年長なんだからうまくチームをまとめろ」と常に発破をかけられていたとのこと。

・救急戦隊ゴーゴーファイブの監督をローテーションで担当した小中肇氏は「ゴーゴーファイブのマスクのゴーグル部分を大きくしたのは人間がレスキュー活動を行っていることを印象付けるのを狙った。」と語っている。そのためゴーゴーファイブのレギュラー陣は例年の戦隊レギュラー陣よりも遥かに多くマスク・スーツを着用しての撮影が多くなったことで当時の制作スタッフ陣から「最も撮影を頑張ったチームだった。」と称賛されている。

アキラさん

2017/8/2407:22:45

科学戦隊ダイナマンは企画段階では野球戦隊だったスーツが野球のユニフォーム、ぽいのはその名残らしい。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる