ここから本文です

立命館大学が地元での評判が悪い理由は、以下で合っていますか?

アバター

ID非公開さん

2017/8/2612:22:23

立命館大学が地元での評判が悪い理由は、以下で合っていますか?

知恵袋の回答に書かれていました。

================

私は長年、大学(特に関西の大学)を詳しく見てきた者ですので、ご参考になるかと思います。

立命館大学が地元の京都や関西地区で評判が良くないのは、地元に住んでいる人たちが、関西地区以外の地方に住んでいる人たちよりも、はるかに立命館大学のことをよく知っているからです。

どんなことを知っているかと言えば、以下のようなことであり、これが立命館大学が貶される理由となっています。

1.立命館大学は、戦前は右翼主義を取っていたのが、その後、左翼主義に大きく転換し、共産党と深いつながりを持つ大学とのイメージができました。特に共産党系の民青同盟の一大拠点となったため、それを敬遠する民間企業への就職が振るわず、公務員になる人が多かったのです。ですから、いま民間企業に勤めている人の中高年層の人は「立命館=共産党」のイメージを浮かべる人が少なからずいます。

2.立命館大学は、かつて国公立大学に近いくらい学費が安く、しかも二部(夜間部)があったため、いわゆる貧乏学生に優しい大学でした。これ自体はとても素晴らしいことなのですが、世間では、立命館大学=身分の低い人が多い。同志社大学=金持ちで身分の高い人が多い。というイメージを持つ人が多く、立命館大学にとっては不利なイメージとなりました。

3.立命館大学は、1990年代からものすごい勢いで規模を拡大しました。規模を拡大すれば、当然ながら、①大学をビジネス化している。②質の低い学生が入ってくる。などの良からぬ評判が出てきます。決定的なのは偏差値を維持するために、一般入試率を低めるとともに、入試制度を細分化することによって、長い間、「偏差値操作」を実施してきたことです。世間はこれを見て、「胡散臭い大学」「学生の質が低い大学」とのイメージを持つに至ったのです。

4.立命館大学は、偏差値操作をすることで、入学してきた学生の二極分化が進み、2010年ごろにそれを修正しようとして一般入試率を上げると、たちまち河合塾の偏差値で関関同立の最下位に転落しました。そして追い打ちをかけるように、東進の偏差値でも最下位となっています。世間はこれを「身から出たさび」と考え、ますます立命館大学に対する評価を落とすことになりました。

5.立命館大学は、京都市内にある衣笠キャンパスに加えて、滋賀県に飛び出してびわこ・くさつキャンパスを作りました。長期的に滋賀県や草津のコミュニティに貢献するかと思いきや、今度は大阪府に大阪いばらきキャンパスを作りました。こうした「節操のなさ」に対して、世間は「落ち着きのない大学」とのイメージを持っているのです。

閲覧数:
20,148
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dai********さん

2017/8/2911:07:40

立命館大学が地元での評判が悪い理由は、
まさにそこに書かれているとおりです。

非常に正確な内容の記述で、私も感心しました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる