ここから本文です

精神障害者手帳の更新について。 手帳2級、年金2級(国民年金)です。 今回、...

new********さん

2017/8/2700:06:00

精神障害者手帳の更新について。
手帳2級、年金2級(国民年金)です。

今回、初めての更新になります。
初回申請の診断書を書いていただいた主治医が転勤になり主治医が変わりました。

新しい主治医は悪いときの状態を見ていないので、病状に関して見解の相違があり、3級相当の診断書を書かれる懸念をしています。
そこで、手帳だけでも2級を維持しようと思いついたのが、
更新を年金証書を使って行う方法です。
これで2級を維持できると思うのですが、問題は年金の診断書提出期間との絡みです。

手帳有効期限:平成30年2月28日
年金診断書提出:平成30年5月

この場合、年金の方の期限が近いですが、年金証書を使って手帳の更新はできますでしょうか?
よろしくお願いします。

なお、年金に関しては主治医の診断書次第なので2級維持でも受給資格喪失でも構わない覚悟です。

閲覧数:
873
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wao********さん

2017/8/2712:05:10

身体で障害者手帳、障害厚生年金一級の者です。
職業柄、複数の社労士や弁護士、フィナンシャルプランナーと共に仕事をする機会を持っています。
素人の方より多くの事例を詳細に知る立場にあります。
実例に沿って回答をさせて頂きます。

三級になった手帳を年金の申請で二級になおぜるかという事ですよね。
大丈夫です。
手帳は無審査で申請の身で年金の等級に合わせる事ができます。

但し二級でいる事が何らかのメリットがあるかどうかは事前に調べておいた方が良いですよ。
ナショナルルール、つまり全国一律の税制などでは二級も三級も同じです。
メリットはありません。

他方三級になると年金停止ですから障害者枠での就労が検討課題となります。
私は某大手企業グループの末端でグループ全体の総務請負する会社で働いています。
私自身も重度障害者ですが、グループ全体の障害者雇用も私の担当です。

正直申しまして精神障害の場合、二級と三級では障害者雇用する場合の採用のいめーずは天と地ほど違います。
二級は就労不能、というイメージがあります。
医師から就労許可を受けていても、いつ悪化するかわかったものではない爆弾、と会社はみます。
最近は障害者が出社不能になってもはい解雇、とはなりません。

給与の支給義務はなくなりますが、毎月の社会保険の会社負担は残ります。
規定で賞与時に見舞金を出す場合もあります。
はっきり言ってお荷物になる可能性の高い二級は敬遠します。

自治体レベルで二級が三級より優遇が大きい場合もありますから一概に申せませんが、一応そのあたりをお考えに入れて行動なさって下さい。
仲間として老婆心ながら加筆いたしました。

  • 質問者

    new********さん

    2017/8/2813:46:59

    >三級になった手帳を年金の申請で二級になおぜるかという事ですよね。

    聞きたいポイントは若干違くて、今現在も手帳二級です。
    来年2月末が手帳の期限ですが、5月が診断書提出の二級の年金証書でも更新できますか?が、ポイントです。

    追記部分に関して、
    外部の会社にはどちらにしろ働きにいけない状態ですので二級でも三級でも関係はあまりないです。
    一方で、個人事業主として複数の先方に病状理解してもらった上で自宅仕事を頂いている、ある意味恵まれた状況ですので、就職上の懸念は特にはありません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる