ここから本文です

交通事故の賠償額について一般的にはどうなのか教えてください。

アバター

ID非公開さん

2017/8/2815:59:52

交通事故の賠償額について一般的にはどうなのか教えてください。

5月に交通事故にあいました。被害者は私で、私は自転車に乗っていました。加害者側は車で自転車で通行中の私をはねてしまいました。私にも左右確認をしなかったという過失があるため、過失割合は加害者側が7割、被害者側が3割と後日相手側の保険屋さんから言われました。ちなみに東京海上日動です。
人身事故の扱いにすると私にも過失割合があるので車の修理費を負担しなければならなくなると言われ、物損事故の扱いになると言われました。
私は肋骨を骨折してしまい、仕事を休んだ分の保障と、通院費、壊れた自転車の費用は保障してもらえました。
事故から3ヶ月ほどたって再び保険屋さんから電話が来まして、賠償金について現在検討中で、近々書類を送りますと連絡があったのですが…。一般的に事故後の保障についてこの様な流れになるのでしょうか?
事故から3ヶ月もたってから賠償額について検討って…。保険のシステムが分からないので詳しい方教えていただけますか?
ちなみに賠償金はこの場合どれくらいが一般的ですか?

閲覧数:
245
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

松浦さんの画像

専門家

2017/9/223:49:16

交通事故・後遺障害を専門とした行政書士です。

今回の交通事故は、被害者(あなた)の過失が30%との事ですが、健康保険は使用しましたか?

現在も通院中なんですよね?
3ヶ月で、治療の打ち切り(賠償金の検討)と言われたのは、自賠責保険の限度額120万円を超えたからではないでしょうか?
自賠責保険の120万円を超えますと、過失分の30%が治療費や慰謝料から減額されます。
ですので、治療の打ち切りを打診されたと推察します。

肋骨の骨折(重症案件)もしていますし、症状が改善しないのなら、示談は留保して、健康保険を使い自費でリハビリを継続すべきです。

その結果、示談の際には健康保険を使用した部分を含めて、治療費や慰謝料を請求できる可能性が上がります。
後遺障害14級9号でも認定されると、治療打ち切り後の治療費や慰謝料は略間違いなく支払いに応じて貰えます。


最後に、慰謝料金額について説明致します。

交通事故の慰謝料について
慰謝料の算出方法には、自賠責保険基準の他に、任意保険基準や裁判基準(弁護士基準)がございます。

慰謝料の計算方法は、下記を参考にしてください。
3ヶ月通院、通院20日で説明しております。

①自賠責保険の通院慰謝料について
自賠責保険は1日4,200円を基本とし、通院回数×2と通院期間の短い方を慰謝料の基礎とします。
通院期間3ヶ月、通院回数20回の場合
3ヶ月(90日)>20回×2で40日が基礎となり、
通院慰謝料は4200円×40日=16万8千円となります。

治療費を含めて総額120万円を超えますと、任意保険基準や裁判基準となります。
自賠責保険の慰謝料等について
http://jiko110.org/hoken/jibaiseki.html

②任意保険基準の通院慰謝料について
通院慰謝料は、現在では各損保会社独自の算定基準がありますが、算定基準が一律であった、旧任意保険基準で説明します。
旧任意保険基準や裁判基準は、通院期間の表に当て嵌めて算出します。

通院期間3ヶ月、通院回数20回の場合
任意保険基準
通院回数×2と通院期間の短い方を慰謝料の基礎とします。
慰謝料は旧任意保険基準では、自賠責保険の16万8千円を下回りますので、16万8千円程度でしょう。

③裁判基準(弁護士基準)の通院慰謝料について
通院回数×3.5と通院期間の短い方を慰謝料の基礎とします。
3ヶ月(90日)>20回×3.5で70日が基礎となり、
裁判基準・赤本(別表Ⅰ)で、金59万円程度となります。

詳しくは、下記を参考にしてください。
http://mutiuti110.jp/compensation/kizyun.html


後遺障害について
通院期間が6ヶ月を超えても症状が改善しない場合は、後遺障害の申請をすることが可能な時期となります。
後遺障害を申請して等級認定がされると、通院慰謝料とは別に、後遺障害慰謝料が支払われます。
自賠責保険の場合、後遺障害14級で75万円です。
裁判基準では、後遺障害慰謝(逸失利益含む)は、概ね200万円前後となります。
後遺障害が認定された場合の、慰謝料総額の概算については
http://jiko110.org


任意保険の慰謝料より、裁判基準の方が慰謝料は高額なのです.
しかし、裁判基準での請求は、弁護士の示談交渉や行政書士に慰謝料の計算書等のお願いしないと、裁判基準での示談は、中々応じてもらえないでしょう。
ですが、正当な金額も分からなければ、示談交渉自体に不安が残りますよね。

ですので、裁判基準は示談交渉の上限と理解して、一定金額は譲歩する前提で示談交渉をすると、スムーズな示談が期待できるでしょう。

参考になれば幸いです。
以上です。

回答した専門家

松浦さんの画像

松浦 靖典

行政書士

交通事故専門の行政書士です。お節介な程熱意をもって接します。

[お知らせ] 全国対応・毎月3名 限定無料キャンペーン! 後遺障害・異議申立の等級認定の可能性を無料判断 □ 傷みやしびれ等が残っているけど、申請すれば後遺症に認定される? □ 等級の認定結果が非該当だった、なんで認定されないの? やむち打ち症状...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

rwkbc195さん

2017/9/308:59:50

この情報が少ない文章で具体的な金額を書く奴は信用出来ないな!!

aj332kaさん

2017/8/2818:30:09

>人身事故の扱いにすると私にも過失割合があるので車の修理費を負担しなければならなくなると言われ、物損事故の扱いになると言われました。
→肋骨骨折なら中程度の怪我なので、人身事故扱いにすべき事案です。
相手保険会社は自転車の修理代と自賠責保険の限度額以内なら契約者(加害者)に有利と考えてこのような提案をしたのでしょう。
車の修理代がいくらなのかわからないので何とも言えませんが、人身事故に切り替えて修理代の3割を支払った方が質問者様にメリットが有る場合もありますので、示談前に目量の法律相談で弁護士に相談しても良いかも知れません。

>賠償金について現在検討中で、近々書類を送りますと連絡があったのですが…。
→怪我は治ったのでしょうか?怪我が治ったのであれば保険会社からの提示を待てばいいと思いますが、まだ治っていないのであれば治療を優先して下さい。

>一般的に事故後の保障についてこの様な流れになるのでしょうか?
>事故から3ヶ月もたってから賠償額について検討って…。
→人身事故の損害賠償は、先ず怪我を治しそれから示談交渉と言うのが一般的な流れです。

>ちなみに賠償金はこの場合どれくらいが一般的ですか?
→治療費は別として、慰謝料については総治療日数と実通院日数が判らないと予測もできません。又、肋骨骨折は実通院日数が少ないことが多いので、算定が困難でもあります。

プロフィール画像

カテゴリマスター

qqr64c6dさん

2017/8/2816:24:40

まず本来人身事故でも物損事故扱いでも過失割合7:3になるなら3割相手の車の修理を支払う義務はあります。それが過失割合になります。自身の割合ぶん相手の損害に対して賠償する義務があります。
ただ相手は人身事故にしないでくれたらこちらも本来できる車の修理費の3割の請求はしませんよと取引してる事になります。

あと慰謝料など賠償額は怪我が治ったあとでなければ警察できません。でなければ実際にかかった治療費もそれに伴い慰謝料もどのくらいの額になるかも計算できません。
ですので怪我の治療が終わった後に賠償額の話になります。ですので怪我が治るのが半年なら賠償額の話が出るのは半年後になりますし怪我の治療が一年かかるなら一年後です。

ただ治療終了後保険会社が治療費の清算したりそこから金額をどうするかになるので質問者様に届くのが治療を終えて1ヶ月くらいかかることはあります。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2017/8/2816:20:42

治療終了してその翌月以降に病院から診療報酬明細書が届いて計算するので時間はかかります。

この質問文の内容で慰謝料はわかりません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。