ここから本文です

至急です ナチスはユダヤ人をどう思ってたんですか。 ナチスとユダヤ人とドイツ...

アバター

ID非公開さん

2017/8/3008:54:30

至急です

ナチスはユダヤ人をどう思ってたんですか。

ナチスとユダヤ人とドイツとヒットラーのことを詳しく簡単に教えてもらいたいです。

閲覧数:
175
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

arai034_0614さん

2017/8/3012:05:24

ドイツ人は42%の失業率の下で、完全にうつ病状態になっていましたから、何でも良いから、現状を変えてさえくれれば良かったんです。

  • arai034_0614さん

    2017/8/3012:19:19

    オーバーに言えば、ドイツ人の半分は入院させた方が良い状態で、まともじゃなかったのよ。そのドイツの状態を描いたのが、ミュージカル:キャバレーよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

inuwashi0903さん

2017/8/3013:23:09

こういう質問は過去に何度も出ているので、同じ質問をしないように。少しは過去の回答をググって検索すればすぐにわかることだろ?絶対にユダヤ人に同情していてナチス・ドイツが嫌いな奴の自作自演だと思うけど。ユダヤどものロビー活動に上手くはまっているね。(笑)

それにね、質問者も「ナチス・ドイツの犯罪を研究している俺って、チョー善人だな」みたいなことは考えないで、70年も前の終わった戦争犯罪よりも、今、中国が周辺地域を侵略していること、ロシアがウクライナと紛争をしていること、ユダヤ国家のイスラエルが戦後ずーっとパレスチナ人市民を殺していることなどにもっと興味を持つべきだね。過去の戦争犯罪よりも今の戦争犯罪の方がよっぽど重要なことだ。


「ユダヤ人、差別」で検索すれば簡単に色んなことがわかるので、いちいち知恵袋で質問なんかしないように。わざわざ説明するのも面倒だからこちらのサイトを見るように。

http://action-now.jp/archives/11162

2017/8/3009:30:34

ヒトラーの思想はドイツ民族、ゲルマン、白人至上主義です。
彼はアーリヤ人と呼ばれる民族こそ、最も優秀な民族だと信じていました。(ヒトラーはなにか勘違いをしていますが、アーリヤ人の定義は曖昧で、なかにはユダヤ人も含まれます)
さて、彼はその考えからユダヤ人、ロマ人(ジプシーと呼ばれ、今日でもヨーロッパでは差別の対象です)、ドイツ人の中でも障がい者などを徹底的に差別し、弾圧してきました。

一次大戦の敗戦国であるドイツは、膨大な賠償金を勝戦国から要求され、国中がものすごくビンボーでした。ヒトラーもそのビンボーさに苦しんだ1人です。
そんな中、ユダヤ人は、銀行などの経営者が多いため、比較的裕福でした。もともとユダヤ人は金銭的感覚に優れている人が多いのです。当然ドイツ人は面白くありません。もともとユダヤはキリスト教を弾圧し、キリストを処刑した宗教ですから、キリスト教の国では古来から嫌われ者。(シェークスピアなんか読むと分かります)そんな奴らが自分よりいい暮らしをしているのです。

ヒトラーはその後、力をつけていき、ヴェルサイユ条約を破棄させて賠償金を0にする、という異例の快挙を達成しました。ドイツは再び栄光を取り戻し、オリンピックまで開催します。
あんなひどいことしたナチスが、当時は好かれていたのはこのためです。
その後、ナチスは、ユダヤ人などに対する差別的な政策を始めます。
ユダヤ人との結婚禁止、ユダヤ人運営の会社の停止、公務員だったユダヤ人の解雇…。

二度めの大戦に突入すると、ナチスの差別政策は過激化します。
ポーランドのアウシュヴィッツを代表に、ドイツや、ドイツの保護国に、ユダヤ人などを対象とした、強制収容所を置き、ホロコーストと呼ばれる虐殺を行います。この辺は有名ですね。


まとめると、ヒトラーの考えは「自分より劣等民族のくせに、金持ちでムカつく」というところから来ています。彼は極端かつ、変は方向の愛国者です。当時のヨーロッパでは普通の考えなのですが、そう考えた人が独裁者になったことで、あのような悲劇が起こったのです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

cyclisttakさん

2017/8/3008:59:30

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。