ここから本文です

オーストリア継承戦争で、プロイセンがシレジエンを確保したかった理由は?

g19********さん

2017/9/405:36:41

オーストリア継承戦争で、プロイセンがシレジエンを確保したかった理由は?

閲覧数:
33
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

na_********さん

2017/9/419:39:09

1702年に、シレジエン公爵家が断絶したときに、ハプスブルク家は、「シレジエン公爵家ゅゆビャスト家)の継承者無し」ということで、シレジエン公爵の封主であったボヘミア王であったハプスブルク家領に組み込みました。
しかし、それに反発したシレジエン公爵家であったビャスト家の分家の者が、シレジエン公爵領の継承権を主張しましたが、全く相手にされなかったため、プロイセンのフリードリッヒ2世に継承権を売却したため、フリードリッヒ2世に、シレジエンの併合の口実ができたのです。

質問した人からのコメント

2017/9/4 20:33:01

ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mek********さん

2017/9/405:45:57

シレジエンは、鉄・石炭を算出し、鉱工業が発展していた土地だからです。第二次世界大戦でもナチス・ドイツが併合したことでも、価値の高さがわかると思います。いろいろあったが、結局現在はポーランド領になってますが、オーストリアにとっても価値が高い土地だったので簡単には渡さないと七年戦争でも奪い合いになりました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる