ここから本文です

戊辰戦争で旧幕府軍(徳川軍)が負けた理由は?勝っていたらどうなってた?

アバター

ID非公開さん

2017/9/716:22:22

戊辰戦争で旧幕府軍(徳川軍)が負けた理由は?勝っていたらどうなってた?

閲覧数:
369
回答数:
9
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

b82********さん

2017/9/722:49:54

京都の政争で、ふんぞり返ってあぐらをかいて油断をしきっていたから。もうその時点で戦争は始まっているのであり、その時点で完全に負けていたから。朝廷工作、多数派工作は、いつの時代も日本史の常。

旧幕府軍(徳川軍)が勝っていたら、欧米列強と締結しまくっていた不平等条約を履行することになり、その後はさらに締め付けは厳しくなり、インド、東南アジアと同じような流れで、欧米から富を搾取されまくりの日本人は、皆そろって超貧乏国民。途上国の状態が20世紀半ば以降まで継続したであろう。

ただし、日清・日露戦争は起こっていない。それは不平等条約の改正が主目的であり、江戸幕府ではそれは矛盾するのである。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

chl********さん

編集あり2017/9/805:52:01

小栗上野介とヴェルニーなどによる横須賀製鉄所と軍港の計画の構想は、明治新政府に継承されているようです。後世の大日本帝国(憲法)の時代の日露戦争などの勝因に小栗上野介とヴェルニーなどの横須賀製鉄所と軍港の計画の構想などが、貢献しているようです。徳川将軍(日本国大君)を大統領のようなものにして郡県制度などを導入しようとしていたようです。大村益次郎などの率いる官軍を挟み撃ちにして全滅させてから大統領制などを導入しようとしていたようです。最後の江戸幕府の将軍の徳川慶喜は、イギリスやフランスなどによる日本の植民地化を阻止するための?明治維新の(武力革命)の黒幕の噂もあるが、後に明治新政府の方針と意見と利害が、対立して離反したようです。

wak********さん

2017/9/718:25:23

将軍自身が旧来の幕府の統治システムを否定する幕政改革派の旗手だった。井伊直弼の暗殺以降、旧来の幕府の統治システムを維持しようとする幕府側の重臣もいなくなっていた。佐幕派の雄とされる会津や桑名にしても、幕府維持のために一戦を辞さずという姿勢は無かった。ただ追い詰められて、厳しい処分を避けたくて抗戦しただけ。つまり幕府は役割を終え、自壊してしまったということ。

dsd********さん

2017/9/717:26:57

負けたのはあくまで「旧幕府軍」と自称する集団であって、徳川家も江戸幕府も負けてません。
徳川家も江戸幕府も大政奉還で話し合いで平和裏に政権を返還する形であって、少なくとも形式的には負けてません。
負けた理由ですが、旧幕府軍とやらに大義名分も何もなかったからです。
将軍慶喜からも天皇家からも見放された集団が勝ったらそもそもおかしいでしょう。

参考
https://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n301797
参考その2
https://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n309933

ris********さん

2017/9/717:15:21

よく新兵器があったから薩長は勝てたと言いますが、それは違います。幕府方は薩長にない海戦力があり、また名目上だけでも兵数では勝っており、幕府が持つ多数の軍艦をもって東海道を封鎖すればそれだけで相手は苦しみました。

幕府方にはフランスがついており、幕府海軍の教練指導の武官としても乗り込み、伝習隊など陸戦でも新兵器とフランス式訓練を施した部隊もありました。

大阪城は堅牢で、これによって苦しめられた新政府軍は東海道の幕府海軍を突破できず山間を進むルートのみに限られ、首府への進撃もまともに出来なかったはずです。



史実では大阪城は放棄、東海道の海軍による封鎖を奉行に進言されるもこれを拒否。江戸城は無血開城ともはや戦う前から負けています。実はこれは徳川慶喜が名君とされ、更に戦後に華族に列せられる所以と言われています。

もし幕府が全力で新政府に対抗したら、共倒れか片方の辛勝となっていました。これは英仏の思うつぼで、中国でも同様に両者を争わせて軍事力を喪失したところに不平等条約交渉、領土割譲を仕掛けていた西洋勢の存在を知っていた慶喜は、自ら敗北して全てを新政府に委譲することで、強力な状態で新日本をスタートさせる道を選んだのです。

新政府には英国が、幕府にはフランスが付いており、西洋武器商人は日本の坂本龍馬などを通して余った武器を売り、戦争を煽って巨額の利益を得ていました。更に人口が多く軍事力もある日本が勝手に内戦で弱体化されるのは願ってもないことです。戦争が続く限り、日本には不利でした。早急に片方が余力を残して勝たねばならなかったのです。

それを見通したか、あるいはたまたまであったとしても、慶喜が事実上戦前から降伏姿勢を示して日本は救われました。それでも江戸幕府への忠義心から幕府艦隊含め多くが徹底抗戦を選び、長く日本は疲弊しましたが、最小限の犠牲で済みました。

幕府側は日本に民族意識が芽生えており、桜田門外の変など右翼テロが起きていることも承知していました。外国に征服されている周辺国と、それを嫌う人民。日本人で殺し合って勝って外国に征服されるより、日本人に負けて外国に勝つ道は、新政府に全てを譲ることでした。

sak********さん

2017/9/717:02:03

何故かダサい米国の軍服を着ていたからではないですか?何故か両軍とも着ていたという・・・。

勝っても天皇の奪還はムリでしょうね。鳥羽・伏見の戦いまでなら何とかなったかも知れませんが。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる