ここから本文です

戦闘機パイロットが頭にしてたゴーグルはいつ使ってたんですか?

akimorosさん

2017/9/1114:20:09

戦闘機パイロットが頭にしてたゴーグルはいつ使ってたんですか?

閲覧数:
68
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/9/1114:46:30

例えば離陸時 編隊離陸なら未舗装なら

すごいホコリでしょラバウルなんかそうなんでないの

シートを、できるだけ高くして風防を開放してれば

必須でないの

後空戦時にもつかわないか 被弾して、樹脂ガラスの破片

が飛び散った時等為に

質問した人からのコメント

2017/9/17 13:10:12

ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

k19691970さん

2017/9/1208:18:29

ライト兄弟が飛行した時は、エンジンが後方に有り、プロペラも後方に有りましたが、目にゴミが入らない様に、オートバイのゴーグルを掛けていました。

第一次世界大戦当は、バルブ回りが露出しているエンジンが多かったので、オイルの飛散避けで掛けていました。

その後ウインドシールドやキャノピーが付き、オイルも循環式になり飛散は無くなりますが、戦闘時の被弾から眼を守る為に、戦闘時には掛ける様になります。

ヨーロッパ戦線では、ゴーグルを掛けていましたが、日射しが強烈な太平洋戦線では、サングラスで代用するアメリカ人パイロットも多かった様です。

有名なサングラスのRay-Banは、元々パイロット用のサングラスから出た物だと聞いた事が有ります。

2017/9/1116:03:33

布張りの複葉機なんか、見たことないですか?

風で目が開けられません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

tikin118さん

2017/9/1114:21:12

大昔飛行機に窓が無かった頃ですね(^_^;)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。