ここから本文です

臨床心理士について はじめまして、私は現在社会人5年目の22歳です。高校卒業と...

アバター

ID非公開さん

2017/9/1219:43:47

臨床心理士について

はじめまして、私は現在社会人5年目の22歳です。高校卒業と同時に地元企業に就職しました。
幼い頃から「人の役に立ちたい、将来はそういう仕事に就きたい」ということを漠然と考えながら生きてき

たのですが、結局金銭面等の家庭環境の問題から大学進学を諦め、そのまま就職してしまいました。
仕事を始めて3年目のとき、私は人間関係のことで深く悩んでしまい、病院のカウンセリングに通うようになったのですが、そのとき担当してくれたカウンセリングの先生が凄く親身になって話を聞いてくれ、自分もこのような人間になりたいと、カウンセラーになりたいと強く思うようになりました。
しかし、社会人5年目にしてカウンセラーを目指すことはやはり愚かなことなのでしょうか。親や親戚、友人からは仕事を投げるなんて勿体ないと言われ、しかし自分ではカウンセラーの仕事がしたいという気持ちもあり、非常に葛藤しています。またカウンセラーになる為には臨床心理士ほか民間の資格を取得しないとならないということもあり、今から大学に行き本当にやっていけるのか、勉強についていけるのか、その間の生活はどうするのか(家賃や食費等)、学費は払えるのか、カウンセラーに確実になれる保証はあるのか、資格を取得したとして(または取得できなかったとして)その先の仕事はあるのか、、等について、真剣に悩んでおります。
自分としては、挑戦しなかった後悔をするくらいならば挑戦したい、目指したいと思っております。どうかご助言いただければ幸いです。よろしくお願い致します。

閲覧数:
230
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

brabrago23さん

2017/9/1403:44:13

そもそも、「人の役に立ちたい」が最大の動機の人は、止めておいた方がいいです。
「人の役に立つ自分」になるために、クライエントを利用してしまい、クライエントの害になることが有るからです。

  • brabrago23さん

    2017/9/1403:46:10

    とにかく金を稼いで、その金を募金でもした方が、よほど人の役に立てます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「臨床心理士」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kitume2011さん

2017/9/1702:33:43

やってみたら?自信はないけど、後悔したくないんでしょう。

gennei111さん

2017/9/1412:29:47

この文書そのままの状態ならば、質問主さまの行動を止めると思います。具体的な理由を書いていくので、取り組めそうなものには取り組んでみてください。その行動の中で、見えてくるものもあるかもしれません。

①調べればある程度見当がつくことについて、悩む”だけ”になってしまっている。

大学でやっていけるか、勉強についていけるか、はやってみないと分からないことなので置いておくとして…。費用関係については、具体的な数字を出そうと思えば出せますよね。私立大学四年間の学費は、1年目が約100万で2~4年目が約80万ですね。教科書代などもかかりますが、それ以外の文献等は図書館で借りると考えて、約360万円ほど捻出できればOkです。大学によっては分割払いを認めているところもありますから、一度の出費は抑えることもできます。家賃や食費についても、賃料+光熱水費で月6~7万(もっと安いところもあります。)、食費は節約すれば2~3万に抑えることも可能ですから、1年120万円ほど。なので学生生活が1年で200万ですね。なので、これを支える手段があるかどうか、探せるかどうかがカギになります。具体的には奨学金制度の活用や目標貯金額の設定、働きながら勉強する方法があるかどうか等ですね。
働きながらという点においては、大学には通学制のほか、通信制があるのはご存知ですよね。通信制大学の場合、通学制に比べれば学費は安く、また社会人であっても働きながら隙間時間で勉強することができるので、自身のペースで卒業を目指せる利点があります。

というように、調べると情報が出てくるのに動かず、悩んでしまっているだけなのは非常に勿体ないです。悩むと考えるは大きく異なるので、ぜひ後者を選んでください。

②0か100かになってませんか?

大学の件でも少し書きましたが、通学制と通信制がある中で、どうして”仕事を投げる”という言葉が出たのか気になりました。単純に知識がなく、大学に進学するなら仕事を辞めざるを得ないと諦めモードになっていただけならいいのですが、仕事をしながら大学で学ぶ手段はないのか?、と思いませんでしたか?大学院修了後の話をしていただけならいいのですが、文章だとどちらとも取れたので、気になりました。本当になんとなくですが、思いだけが突っ走っていると感じます。そのほか、カウンセラーに確実になれる保証があるか(ないです)、資格を取得した先の仕事は保証されるか(されません)、資格を取得しなかった場合はどうか(大卒でも院卒でも一般向け求人はあります、でも確実と言う保証はないです)などなど…当然と言えば当然の疑問なのですが、確実を求めるならあまりにリスキーな世界ですし、他の業界でも確実はあり得ません。ある程度幅をもって考えられないと、今から心理職を目指すのは厳しいと思います。

③人の役に立ちたいはちょっとアブナイ動機

人に役に立ちたいというのはとても大切な気持ちで、大事にしてほしいとは思います。ただ、実を言えば心理職でなくとも人の役には立てるんですよね。不動産業なら客のニーズに合った物件を提示することで役立ちますし、流通業は滞りなく商品を運ぶことで他者の役に立っています。調理師は安全でおいしいごはんの提供で役に立ち、農家や漁師は食料の供給により生活を支えてくれています。そもそも他者の役に立たない職業ってないんですよ。じゃ、なんで心理職じゃないといけないの?ってところに行くわけです。
実は心理職を目指す人の多くは、自身が心の問題を抱えていることが分かっています。その問題解決の手段として、(無意識に)心理職を目指していると言った方がいいでしょう。その”問題”を自覚したうえで目指したり、在学中にある程度解消できていればさほど問題にはならないのですが、全く無自覚な状態で万が一職に就いてしまうと、とても不幸なことが起こります。たとえば”頼られる”ないし”役立てる”という場を持続するためにクライアントの問題解決を阻害したり、自分に依存するよう仕向けたり…brabrago23さんが仰られているのは、そういう状態です。尤も、質問主さまだけでなく、心理職に就いた人は誰しもそういうリスクを抱えてやっています。ようは程度の問題で、その程度をどれぐらいコントロールできるかという点が大事なんです。


…と、色々書きましたが、まず学びたいという思いが強いなら、通信制大学が費用の面でもいいのではないかと感じます。学ぶ中で、色々と理解できることも増えていくと思いますし、自分を見つめるいい機会になると思います。

hironozingiさん

2017/9/1410:42:44

臨床心理士を取ることは簡単ですから、金と時間を掛ければ誰でも可能です。
資格を取得した後、職を得ることはその100倍困難です。

一度社会人になり、不適応を起こして、心理職を目指した場合「青い鳥症候群」の人間と見なされ、資格を取ったところで、まともな職を得ることが出来る可能性はほぼゼロです。

よほど自分に絶対的な自信(就職活動で他の若者よりも自分が凄いと思わせるだけの根拠)がない限り、辞めたほうがいいでしょう。

プロフィール画像

カテゴリマスター

sokesokesukeさん

2017/9/1308:09:26

悪いことは言わないよ、やめなさい。

世の中には「どんなに苦しくても、絶対にカウンセラーになってやる!」って人が大勢いるんです。
そういう人がカウンセラーになればいいんです。

あなたがカウンセラーを目指す必要などありません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。