ここから本文です

ソニー生命 利率変動終身保険についてご質問です。設計書に記載されている 生存給...

アバター

ID非公開さん

2017/9/1222:04:04

ソニー生命 利率変動終身保険についてご質問です。設計書に記載されている 生存給付金は、延長保険にしないと受取ることができないのでしょうか?保険を見直そうか検討中です!生命保険に詳しい

方いらっしゃいましたら、ご回答願います!

ソニー生命,生存給付金,利率変動終身保険,設計書,解約返戻金,生命保険,終身保険

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
338
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gosyo_miuraさん

2017/9/1304:59:35

終身保険は本来、生存給付金など付いていません。ですから延長保険にするか解約するかしないとお金を受けとることはありません。

どうしても生存給付にこだわるなら、個人年金保険などに入った方が良いです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「ソニー生命」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

swfky565さん

2017/9/1301:06:47

生存給付金とは死亡時ではなく生きている時に受け取るお金で、満期のお金や、診断給付金、入院給付金、解約返戻金などがあります。延長保険というのは、支払いをストップさせるけれども、保障内容をそのままにして契約を続行することです。支払いをストップさせるので解約返戻金がその保障を維持するためにあてられます。ですが、保障期間は90歳までなので、延長保険にした時期によっては解約返戻金が余分にありますので、その余分な分を受け取ることができます。それを生前給付金額としているようです。払済保険は支払いをストップさせるが保障内容も下げて契約を続行することです。解約するまで、解約返戻金は増えていきます。解約返戻金を受け取れば、それが生前給付金です。延長保険や払済保険にせず、普通に解約しても、解約返戻金が出ますので、それが生前給付金ということになります。
今回の円建ての終身保険は、契約して相当な期間がたたないと、元はとれないと思います。支払いがきつくなってストップさせたいが、損するダメージを少なくするのが、解約ではなくて、払済保険にする方法です。損してもよいから保障を継続したい場合は延長保険にしますが、そもそも掛け捨てが嫌で終身保険に入っている人が多いと思うので延長保険にされる人はそう多くないかもしれません。

最後にですが、円建ての終身保険は貯蓄性でみた場合、決して魅力のある金融商品とは言えないかもしれません。今払っている毎月の保険料を例えば確定拠出年金や積み立てnisaにまわした方が、老後資金の積み立てとしては賢い方法である可能性があります。いわゆる保険と貯蓄は別でした方が合理的という考え方です。自社の手数料の高い商品が売れなくなるので、あまり保険外交員はこのことを教えないかもです。
以上、ご参考までに。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。