ここから本文です

台風は、何故高気圧を避けるように動くのでしょうか? 高気圧をブロワー、低気圧...

hina3791_0526さん

2017/9/1708:19:50

台風は、何故高気圧を避けるように動くのでしょうか?
高気圧をブロワー、低気圧を掃除機に例えると、お互いが反発するというのは不思議です。

閲覧数:
72
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kamo4031さん

2017/9/2322:58:27

台風は低気圧であり、風は高気圧から低気圧に向かって
吹いているので、低気圧が吸い込んでいるというより、
高気圧が低気圧を押しているというのが適切な
イメージだと思います。

高気圧はその中心付近で下降気流があり、それが地表付近に
到達すると周囲に吹き出しており、低気圧は地表付近で
周囲から風が吹き込んできてその中心付近で上昇気流が
発生しているという、空気の通り道ができていますから、
互いに引力が働いているわけではありませんし、そもそも、
低気圧も高気圧も「状態」であって「物体」ではありません。



galileo9600さん

> 暴風は台風から吐き出されているとすれば
> 多少考え方が変わるでしょう。

風は台風の中心に向かって吹いていますから
暴風は台風から吹き出されているとするのは
事実に反します。


> 高気圧は密度のある空気です。

低気圧にも密度はあります。


> 高気圧が発達している時は晴天が続き気温が上昇します。
> 温かくなるから上昇気流が発生して気圧が下がっても
> よさそうなものですが
> 下がるどころか増えるものがあります。それは湿度です。

これも事実に反します。シベリア高気圧に覆われると
空気は乾燥します。


> ならば密度が上がるのは水蒸気が増えるからと
> 単純に考えても良いはずです。

空気の場合、水蒸気を含んだ湿った空気の方が
乾燥した空気よりも密度は小さくなります。
水蒸気(水)の分子量は、空気を構成している
他の分子よりも小さいからです。


> この接触が温帯低気圧の前線の解釈だと思います。

台風は熱帯低気圧で、温帯低気圧ではありません。


> 台風は渦を作ります
> 渦流です。
> ただ前線でできる積乱雲に渦で穴ができるようなものは見たことありません。

雲は低気圧ではないからです。


> 台風だって同じです。
> 吸い込むむ力が上にない限り何日も吸い続けるというのは不可能です。

台風(熱帯低気圧)の場合、「暖気核」と呼ばれる
周囲よりも温度の高い部分があり、気圧が下がっているため、
これが地上付近の空気を吸い上げる原動力になっています。


> 吐き出さなきゃいけないし。

台風は地上付近で空気を吸い込み、上空で吐き出しています。


> 一番言いたいのは動力がいるということです。

ですから、それが「暖気核」です。


> 渦流というのは空気の摩擦で起こります。

因果が逆です。流れがあるから摩擦が起こるんです。


> そこに渦流があれば
> 渦流ができればいいのです。

渦流があるのは渦流があるから?
トートロジーですね。(笑)


> そびえる様にできる水蒸気の固まり
> 今までなかったところに生まれる障害物

雲は水蒸気ではありません。
水蒸気が冷えて液体の水滴となったものか、
固体の氷の粒(氷晶)となったものです。


> その動力はジェット気流です。
> ジェット気流は昼夜関係なく地球を覆っています。

ジェット気流は特定の緯度の上空でしか吹いていません。


> 風圧で押し込まれる形は920ヘクトパスカルでも高気圧です。

台風は低気圧です。


> 台風の作り出す暴風は筒雲から下降してきた
> ジェット気流の流れということです。

台風に見られる筒状の雲は、1つの雲ではなく、
積乱雲が筒状に並んだものです。


> 暴風が筒雲の中を通り雲の下に吐き出されます。

このような事実もありません。


> 海水に圧力をかけ波打たせ波しぶきを巻き上げます。

台風に伴う「高潮」は、気圧が下がることで
海面が上昇する現象です。1hPaさがるごとに
海面は1cm上昇します。


> 空気の体積が増える形ですから
> どうしても空気は気圧の低い上に向かいます。

逆です。
体積が増えたら密度は下がり、気圧も下がります。


> 高気圧は水蒸気の固まりですが

高気圧とは「天気図上で等圧線が閉じ、
その中心気圧が周囲よりも高い所」です。


> 今年太平洋上で迷走していたものがありますが
> 多分このパターンでしょう。

笑。夏の台風の特徴です。


> 見えないときは上(動力)と下(材料)のバランスがずれている時だろう。

台風の目が目立たない時は、未発達で遠心力が弱い時です。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2017/9/2216:44:09

??????????????????。低気圧は、高気圧と高気圧の間の谷間に出来る渦巻きなのです。(規模の大きいものが、台風。)当然、反発している訳では在りません。

galileo9600さん

2017/9/2212:23:04

結果として
避けているように見える
避けているように進んでしまうだけ。
と思います。

台風は暴風を伴います。
台風は低気圧だから暴風は台風に吸い込まれる風と考えていると
貴方のように疑問が生まれます。
暴風は台風から吐き出されているとすれば
多少考え方が変わるでしょう。

高気圧は密度のある空気です。
密度増という形です。
上から気圧がかかって高密度化しているという説明が多いです。

ただし台風の時衛星から移る雲は
高気圧の上にも覆うように移ります。
上からかかる気圧にも台風は影響を与えている形です。
まともに気圧をかけているか疑問になるでしょ。

高気圧が発達している時は晴天が続き気温が上昇します。
温かくなるから上昇気流が発生して気圧が下がってもよさそうなものですが
下がるどころか増えるものがあります。それは湿度です。
水温が上がることで水蒸気が入りこみだすからです。
ならば密度が上がるのは水蒸気が増えるからと
単純に考えても良いはずです。

太平洋高気圧は温かい太平洋の海水温が育てる密度増
小笠原気団は親潮の一部が伊豆諸島の海底隆起により溜まってできる高温海水域

温かい湿った高密度の高気圧と
高山の空気ような冷たく乾いた低密度の低気圧
この接触が温帯低気圧の前線の解釈だと思います。

台風は渦を作ります
渦流です。
ただ前線でできる積乱雲に渦で穴ができるようなものは見たことありません。
ダイソンの掃除機のような吸引力を有するものはできません。
台風だって同じです。
吸い込むむ力が上にない限り何日も吸い続けるというのは不可能です。
吐き出さなきゃいけないし。
一番言いたいのは動力がいるということです。

渦流というのは空気の摩擦で起こります。
速い風と速くない風や動いていない空気
とにかく速い風により遅い方が動かされる伏流の形が渦になったものです。

熱帯でできる低気圧
そこにできる積乱雲は高温・高水蒸気量・そして遠心力のせいか
巨大なものができます。
高度8000メートル近くまで届いたりします。
そこに渦流があれば
渦流ができればいいのです。

そびえる様にできる水蒸気の固まり
今までなかったところに生まれる障害物

雲を回す動力が別にあるわけです。

その動力はジェット気流です。
ジェット気流は昼夜関係なく地球を覆っています。
故に温度差が関係なく何日も続きます。

ジェット気流の流れに巻き込まれ出し
雲は回り出し遠心力が発生し雲が筒のようになり出す。
その中心は気圧を低くし吸い込もうとする。
そこにジェット気流の一部が引き寄せられる。
ジェット気流の速度が雲の中から回転を与え下に向かって渦を継続させるように働くのです。
台風の中心気圧はジェット気流が作り出す風圧による気圧です。
速度が速いほど気圧が下がる
吐き出される暴風が強い形になるというわけです。
ジェット気流のある高度からすれば
風圧で押し込まれる形は920ヘクトパスカルでも高気圧です。
雲からの温度も移譲され温かい風になります。

台風の作り出す暴風は筒雲から下降してきたジェット気流の流れということです。
台風はすでに普通の低気圧から逸脱した存在なのです。

暴風が筒雲の中を通り雲の下に吐き出されます。
海水に圧力をかけ波打たせ波しぶきを巻き上げます。
温かめの海水は水蒸気になりやすい形になります。
地表風を押しのけるように吹く暴風
空気の体積が増える形ですから
どうしても空気は気圧の低い上に向かいます。
水蒸気ごと舞い上がる形です。
これが再び筒雲の材料になります。

筒雲が存続できれば台風は維持される形です。
ただ雲は密度の固まり。重さが伴います。

高気圧は水蒸気の固まりですが
入れば入るだけ動きが鈍くなります。
今年太平洋上で迷走していたものがありますが
多分このパターンでしょう。

海水面をかき乱せばかき乱すほど海水温は低下します。
陸地に近づきすぎれば水蒸気の供給は減ります。
ただ雲も水滴で増えれば重いし、冷えれば凍るし。
いつまでも高高度に筒雲を繋げられない。
渦の速度も一定ではない。

台風の目がしっかり見えている時は
しっかりした形
見えないときは上(動力)と下(材料)のバランスがずれている時だろう。

台風はたまたま偶発的に発生するものでしかなく
弱くなる時もあれば強くなるときもある。

台風は温かい海域を進んでくる。
雲が作られやすいから継続されるわけだ。

ただ暴風を吐き出しながら進むのであれば吐き出しやすい気圧の方が進みやすいともいえる。
先の人が言ったように「固い空気」みたいなものになるのかな。
解釈とすれば硬いから吸い込みづらいではなく
動きやすい方に進むになるけどね。

sray_137さん

2017/9/1711:28:19

気圧が高いというのは圧力が高い、「固い空気」があると考えればイメージできますか?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。