水素を輸入する理由 水素をオーストラリアやブルネイから輸入するみたいですが、それだと エネルギー自給率上がらない 水素の生成に石油やLNG使ってたらクリーンでもない水素はLNGとかに比

1人が共感しています

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

その他の回答(5件)

0

川崎重工が、水素を冷凍貯蔵して運搬するタンカーを開発中です。 成功すれば輸送コストを大幅に引き下げる事ができる。 日豪政府も後押ししているようです。

0

最初に消費者を作る方が先だからです。 水素製造工場を作るのには莫大な金もかかりますから、売れるか売れないかも分からない状態では企業は工場など作りません。 一定の消費量が分かり利益が見込まれて初めて企業は工場などを作ります。

0

何故水素がいいとされているのかというと、第一回答者さんがおっしゃっている通りでgあたりのエネルギー量が大きい為です。 では、なぜ水素を輸入するのか。国内企業のメタノール製造プラントが海外だからです。既成のメタノールプラントの脇に、触媒による製造装置を並べるだけで大規模に水素を生成できるので、そういう状態なんですね。まぁ地下資源から製造する流れも同様ですよね。 国内でも水素が複製する現場は存在するので、製造できないことはないんです。製鉄所などコークスを作れる現場では、その副生ガスの主成分が水素だったりするので。ただ、それだからって水素を精製する為の投資に見合った利益が出るかといったら怪しいわけです。 確かに、地下資源由来のもので"クリーンなエネルギー"というと違和感あるかもしれません。しかし、温暖化効果のあるガスを大気放出しなければいいわけですから、地下資源の多い国に存在する枯れガス田に貯留してしまえば、表に炭ガスが出てこないわけです。つまり、水素だけを表に取り出すことになるわけですから”クリーンなエネルギー”となります。 国内で利益の出る本格的な生産を始めるとなった場合は、触媒を用いた光水分解が実用化線と厳しいんじゃないですかね?金属酸化物の太陽熱による酸化還元を利用した水素精製に関しても、サンベルト上に無いとまともに動かせるとは思えませんし。

0

全貌が解らないので理解不能です。オーストラリアやブルネイでそんなに安い水素が手に入るのでしょうか。輸送にもコストがかかります。液体水素にするにはマイナス253度という極低温にしなければなりません。その費用も大変です。 また、赤道を超えて何千キロも輸送しなければなりません。まだ、そのような船は出来ていません。 私には『絵に描いた餅』のような話です。

0

水素1gの発熱量 142kJ/g メタン 55kJ/g 水素が重量当たの3倍も発熱量が高くても良いので、輸送費がかかっても得。 水素の原料は、天然ガス、石油、石炭などの化石燃料です。 製造時には、二酸化炭素が出るので、国内で製造したのでは、二酸化炭素排出量は、減少しません。輸入だったら、二酸化炭素排出量は、ゼロです。代りに、排出権を撃ってやれば良いだけの話ですよ。 水素を製造するプラントは、元々は、メタノールを製造するプラントでした。 日本国内では、メタノールを製造している化学会社はまずありませんよ。メタノールを販売している化学会社も、輸入品を転売しているだけです。 なので、最先端技術は不要です。国内で、水素を製造できるプラントを建てるよりも、土地、人件費が安いところから輸入の方がはるかに安価です。水素を製造するプラントの研究よりも、水素を液化してコンパクトにして運ぶ研究の方が金になります。 儲からないことは、誰もしないということです。