ここから本文です

中村文則さんの初期の作品、特に「銃」が好きです。

jlg********さん

2017/9/2120:50:40

中村文則さんの初期の作品、特に「銃」が好きです。

微妙にどんずまりの精神状態にある主人公がある日とある出来事(「銃」の場合ですと、偶然銃を手に入れるという出来事)をきっかけにして精神のバランスを崩して事件を起こして行くというサスペンスがすごくリアルで読んでいて心にズシンと響きます。サスペンス物にありがちな大きな陰謀や、謎解きや、どんでんがえしはぜんぜんないのですが、そこが逆にいいのです。どこにでもいそうな登場人物の手記を読むようなそんな日常感が、大仕掛けな物語よりもかえってサスペンスを盛り上げるんだと思います。さて中村さんの作品もすべて読み切ってしまい(中村さんの最近の作品はやや物語の仕掛けに重心が移ってしまいしっくりきませんでした)、新しく手にする他の著者の作品もどうも物足りなく思ってしまいます。そこで、中村さんの初期の作品のように、サスペンスでありながらも大仕掛けなストーリー展開ではなく、登場人物がなにかの出来事によって日常から逸脱して混乱していくような心理の動きを中心に描いた、ちょっと純文学的なサスペンス作品、または、そうしたテーマを好んで書く小説家を教えていただけないでしょうか。作者の有名無名は問いません。知る人ぞ知るみたいなマニアな作品でももちろんかまいません。よろしくお願いいたします。
海外物ですとジム・トンプスンにはまりましたが、こちらも翻訳物はすべて読み尽くしてしまいました。
ただ、身近に感じるリアリティという意味ではやはり日本の作品の方が響くものがありますので、ぜひ日本の作品で御教示ください。

閲覧数:
133
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kmb********さん

編集あり2017/9/2202:12:50

丸山健二の作品はいかがですか。作品はサスペンスに富みますが、「大きな陰謀や、謎解きや、どんでんがえし」は全くありません。そして「サスペンスでありながらも大仕掛けなストーリー展開ではなく、登場人物がなにかの出来事によって日常から逸脱して混乱していくような心理の動きを中心に描いた」本格的な純文学です。

丸山健二の作風と作品について回答したリンクです。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1011480448...

作品をいくつか紹介します。実は、以前の私の回答のコピペなのですが。

◆『ぶっぽうそうの夜』
会社と家庭から離脱して故郷の森の樹上をねぐらとする男が主人公。男は、恨み・痛み・絶望・やましさ・不安などの思いに苛まれ自殺を考えているが、自然が男の心を癒しつつある。
物語は後半に入ると、俄然、緊迫した雰囲気に包まれる。妹殺しの犯人(連続殺人者)と思われる青年が姿を現すのだ。男は青年との対決を考え……。
全篇、目まぐるしく揺れ動く心が執拗なまでに描写される。孤独な魂の闇をえぐった作品。

◆『争いの樹の下で』
齢千年の巨樹が、主人公の若者「おまえ」に呼びかける形で物語が進行する。心に風穴のあく体験を経て、「流れ者」ならぬ「流れゆく者」となった若者の生きざまと魂の成長を描く。
樹が「おまえ」に絶えず問いかける。自由とは何か。自立とは何か。流れゆく者とは何か。「おまえ」のなすべきこととは何か。……
所々で挿入される過去の時代の無名の人物たちのエピソードが実にいい。伝統的な隠者文学につながるような要素も感じる。
哲学的・社会的・戦闘的なパワーが溢れ、孤独を恐れぬ精神が屹立した魅力的な小説。

◆『虹よ 冒涜の虹よ』
主人公は、やり手のやくざ「真昼の銀次」。悪事を重ねたあげく首領までも射殺した銀次は、地方の電波塔に潜伏する(ただし、どんな悪事を重ねたか書かれていませんし、首領を射殺した場面の描写も全くありません)。
その地の自然の美しさに身を浸し、元舎弟の世話になるうちに銀次は自身の内面と向き合う。“死に神”と“仮面”が繰り返し出現し、銀次をあざ笑い、地獄に引きずりこもうとする。彼らと銀次の対決。……
徹底的な内面描写。霊的現象も続出。溌剌とした美しい文体の小説。

◆『いつか海の底に』
青春小説の傑作。主人公の星児は、海辺の町に住む高校生。
恋愛、誘拐、乱闘、親との対立、自殺、悪党や警察との対立、火事、詐欺、怪物、亡霊、退廃と欺瞞、夢と希望、絶望と苦悩、ユーモア、倫理など、実に多彩な要素が詰め込まれ、しかも見事に融合して快適で透明感のあるオーラを放った作品。
実像を圧倒する解像度。徹底的で詳細な心理描写。骨太い反俗精神。
……

◆『ときめきに死す』
青年テロリスト(?)と彼を世話することになった中年男の、サスペンスに富む物語。リンク先では、この作品のさまざまな謎を私なりに解きあかしてみました。よってネタバレあり。でも、事前に以下を読んでも作品の面白さはほとんど減じないでしょう。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1329776683

質問した人からのコメント

2017/9/27 20:45:52

ありがとうございます。
とりあえず自選短編集を購入しました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる