ここから本文です

犬の子宮蓄膿症について。 実家で飼っている10歳のカニヘンダックスが子宮蓄膿症...

ym_********さん

2017/9/2121:58:04

犬の子宮蓄膿症について。
実家で飼っている10歳のカニヘンダックスが子宮蓄膿症と診断されました。
火曜日に、食べた物を嘔吐し、熱っぽい感じがしたとのことで、母親が病院に連れて行ったと

ころ、子宮蓄膿症と診断された様です。翌日に手術を控えていたんですが、肝臓の数値が急に高くなったらしく、とりあえず肝臓優先となり、点滴を2日程度していたみたいです。
今日、体調が良くなったため一旦帰宅した様です。
わたしはてっきり、調子が良くなれば即手術だとおもっていましたが、まだ子宮蓄膿症の手術の予定はたっていないそうです。
すぐに手術をしないといけない病気だと思ってたんですが、様子を見ている時間なんてあるのでしょうか?子宮破裂の心配もありますよね?それとも高齢だから手術ができないのでしょうか…??肝臓の数値が落ち着くのを待つんでしょうか…??

わたしは実家を離れていますので、すごく心配です。母親も心配かけたくないのか、あまり詳しい話はしてくれません。

すぐに子宮蓄膿症の手術をする予定だった子でも、手術が先延ばしになっても大丈夫なんでしょうか?本当に心配です。
犬の病気等に詳しい方教えてください。よろしくおねがいします。

閲覧数:
1,161
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mys********さん

2017/9/2122:48:47

今のところ子宮蓄膿症の疑いは強いのでしょうが、確定診断ではないでしょう。

どのような検査をしたかにもよりますが、レントゲンやエコーだけでは子宮蓄膿症と子宮水腫などは区別は困難でしょう。

画像診断だけでなく血液検査上で白血球数の上昇などがあれば、子宮蓄膿症の可能性が高いと思います。

子宮蓄膿症なら早めに外科的な対応が良いのはもっともですが、麻酔のリスクなどを考えた場合、全身状態の悪い患畜となれば、その改善が優先されることもあるでしょう。そういったことを踏まえ、相談により手術は延期になったのではないでしょうか?

無理に手術して最悪の結果では、元も子もないのではないでしょうか?

子宮蓄膿症では腎臓の方がダメージを受けやすいように思います。肝臓が悪くなることも否定はできませんが、そういったこともあり慎重な対応をとっているのかもしれません。

2日間点滴で経過観察している間にも、症状悪化なら、言い方は悪いかもしれませんが、手術をする賭けに出なければならなかったかもしれませんが、実際はそうならなかったのでしょう。

子宮蓄膿症を疑っているのであれば、抗生物質なども使って、出来るだけ悪化しないように対応しているのではないでしょうか?

10歳であれば、手術できないわけではないでしょうが、高齢で肝臓も悪いとなれば、お母様も簡単に手術の同意は出来なかった面もあるのかもしれません。

こんな所で聞くよりは、ちゃんとお母様や動物病院などから説明を聞くべきでしょう。貴方も飼い主なのですから、御家族であるワンちゃんの事を一緒に考えるべきではないでしょうか?

質問した人からのコメント

2017/9/24 08:45:45

ありがとうございます。
とても不安な中、的確で素早い回答をいただき、感謝しております。
昨日実家に帰り、愛犬と会いましたがいつも通り元気そうで安心しました。最初に回答をいただいたmystletainningさんをベストアンサーとさせていただきます。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

the********さん

2017/9/2402:59:04

ペット イヌカテゴリの【元】自演迷カテゴリマスターinugenki2

24時間ペナルティ-から開放されたばかり

回答しないとタヒぬ病気

ライフ2 ♥♥

知恵ノートを書いてまたもや必死にライフ回復

するのか?(大爆笑)

今回も必死に知恵ノートを書きますか?ww

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

ura********さん

2017/9/2314:54:54

inugenki2という人は、このカテゴリで有名な荒らしです。病気や躾に関する質問には見当違いで有害な回答を残し、他では質問者に媚びを売るBA乞食と言われています。
更には、犬に対しての体罰を推奨する人物。ご注意ください。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

inu********さん

2017/9/2301:14:11

inugenki2という人は、このカテゴリで有名な荒らしです。病気や躾に関する質問には見当違いで有害な回答を残し、他では質問者に媚びを売るBA乞食と言われています。
更には、犬に対しての体罰を推奨する人物。ご注意ください。.

han********さん

2017/9/2200:05:08

医療に従事しています。mystletainningさんの正解回答がついていますが、補足します。

子宮蓄膿症の診断の確定がなされたとしても、即、外科的手術を行う必要はありません。

抗生剤やステロイドによる内科的治療、ドレナージや膿を排出させる投薬治療もあります。

術前検査で、問題があっても緊急手術をするのは、子宮が破裂している時だけです。

麻酔薬の代謝の問題で、肝臓が良くなるのを待つという、馬鹿げた回答がありますが、
肝臓はそこ数日で寛解するような臓器ではありません。

一週間か10日とかそういうアバウトな話ではなく、血液検査は毎日行い状態を観察します。

必要であれば入院も検討しなければなりません。

このような例は、ごく一般的なことですから、何も心配する必要はありません。

まずは、獣医師と健康状態についてよくお話になられて、手術の予定日を決めるという形になります。

その日に数値が戻らなければ、再度、抗生剤による内科的治療をするか、他の方法を選択するかなど検討するでしょう。

今は、抗生剤の効果を期待してください。

お大事に。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

inu********さん

2017/9/2123:46:25

inugenki2さん

>名前は覚えていませんが、どこかのサイトに麻酔薬は肝臓で解毒される、

どっかのサイトの適当な情報を、病気の質問に回答するのですか?

情報ソースがなければ確認のしようがありませんよね??


犬の全身麻酔に使用する、麻酔薬は、肝臓だけが代謝する訳ではない!!

いい加減な回答をして質問者を愚弄するな!!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる