透明水彩にチャレンジしてみたいのですが、なにかオススメの画材などはありますか?

透明水彩にチャレンジしてみたいのですが、なにかオススメの画材などはありますか? 出来れば、線画・塗り方のコツとかも教えて頂きたいです…!

絵画92閲覧

ベストアンサー

0

絵の具のブランドはホルベイン。 安価で、色数が多く発色が良いので初心者向きです。チューブで良いです。 パレットもプラスチックで良いですし、筆も安い物で良いです。 紙は水彩紙。 自分で試して使いやすいと思ったものがベストなので、バラで購入して試すか、無料サンプルがあれば積極的に貰ってくると良いです。 基本的に、高い紙ほど「良い」のですが、予算との兼ね合いがあると思いますので、程よいところを探してください。 普通の画用紙は、色や水分や効果のコントロールが難しく、これで練習をするのは無謀です。(特に発色が悪く、厚ぼったくなりやすい) コツ的なものは、まず本を買うか、動画で勉強するか、憧れの作品で、見様見真似から始めてください。 自分の道具の熟練度と、求める表現にするための訓練だけなので、道具もこれから、表現も定まっていない状態では、どうしようもないのです。 人の数だけ、やり方があると思ってください。 やりながら、これじゃない、こうしたい、と気づくと思いますので、そのつど軌道修正していきます。 僕も色々調べたり勉強しましたが、結局、自分の気に入った道具を見つけて、自分が好きな色で、好きな雰囲気で描くところで落ち着いています。 そうなるまで、何度も挫折しながら1年ぐらい。その間に描いた量は10枚もないですし、作品は3枚ぐらい。 その程度でも、ずっと絵のことを考えていたら、何かしら見えてくるものです。

その他の回答(3件)

0

1:ホルベイン透明水彩チューブタイプ 先々ではW&Nなどなど海外製品も試してください おどろきの差異を感じる製品もあります パレットはたちまちは100均ものでも可 2:水彩紙、マルマンヴィファールの細目、中目、荒目の3種を一通り試す 自分絵向きの目地の選定ができます さらには、予算があれば内外の水彩紙を試してください これは良いとか、なんだこれもう買わんまでいろいろ体験することも楽しみのひとつです 3:技法については 古本でもかまわないので入門書を1冊買ってください 紹介されている技法を真似るだけでも楽しめます 4:当方の個人的技法は 水をたっぷり絵具は少し、薄い薄い色水を置くけちんぼ塗りです

0

水彩紙は予算が許す限り、片っ端から楽しむのがコツです。画用紙ではなく、水彩紙をおすすめします。 おすすめの画材、、、自分で使ってみないとこればかりは何とも言えないかも知れない。 水彩技法の本を買うか、描きたい物を動画やサイトを検索する方が早いと思います。何をどう描くかで全部違うのに、ここで回答は不可能です。 コツの事は一旦忘れてください。皆コツだけで描いているわけではないです。数えきれない失敗を重ね、試行錯誤を何年も何十年も時間をかけてきた結果なのです。それを、一言「コツ」で片付けられてもな~と。。。 描き続けていくうちに自分で掴んでいくと思いますが。