ここから本文です

しんぴ倒立のやり方を教えてください。

min********さん

2017/9/2517:16:18

しんぴ倒立のやり方を教えてください。

かなり調べてみましたが… 体が硬すぎるのでしょうか… というのも肩を前に出す というのは物凄く手首が痛いです。手首が硬いのでしょうか?


筋トレ歴は7年くらいになりますが、 やはりウェイトトレーニングに特化した筋肉なので無理なのは理解してます。

プランシェで腕立て伏せをして筋トレをしたいのですが、できないのでしんぴ倒立から練習しなきゃできないのかな?と思い今日しんぴ倒立を練習しようと思いました。


170cmの70kgです。ベンチ130kg バーベルカール50kg 握力100kg です。 メインのトレーニングはベンチと片手懸垂のみであとは弱いです。

ここ1ヶ月ほど鍛えれない環境のため懸垂しかできず、さらに高負荷な筋トレをしたくてプランシェの腕立て伏せに目をつけました。

閲覧数:
1,640
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ito********さん

2017/9/2610:49:01

しんぴは上手くなるほど、技術が優れてるほど楽になるので、トレーニング効果は薄いです。
同僚の可愛い女の子にビールっ腹をなでなでされてデレデレしちゃうほど、私はメタボなおっさんですけど、倒立バー使えば未だに脚前挙から上がります、閉脚でも。
そう、それほどまでに大したことない運動なのです、しんぴなんてw
健康診断で腹囲を測るナースにまで失笑される始末w
まさにメタボ体操www

さてw上水平には上水平の練習が必要です。
そのまま腕立てするのが目標なら
https://www.youtube.com/watch?v=G8XD4QnxX2s
こんなトレーニングがたぶん一番効率良いと思います。

体操選手はあくまで技が目標なんですけど、その過程も必要だったりするので、効率に加えてやり方とか方法論みたいなものを重視する所があります。
体操じゃなくて筋トレが目標なら、また違う方向からアプローチする方が合理的だと思います。

上水平系で殺人的なものは…
https://www.youtube.com/watch?v=B5PzGp7ZXOs
上水平から伸腕伸身力倒立。

https://www.youtube.com/watch?v=Qhg2HJWzb6o
中水平から十字倒立。

  • 質問者

    min********さん

    2017/9/2615:02:44

    1番上のURLのトレーニングは見たことないですが、 その手の開き方だと手首に負担がかからないのでいいですね!
    このトレーニングで頑張ります! でも、 これやってれば、足が離れても大丈夫になるんですかね。


    新体操のは 安定感凄いですね。

    ブレイクダンスなどで片手上水平をしてる人を 見ますが あれは… 天性でしょうか

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/9/27 09:58:05

その動画を見ながら、頑張ります!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

idu********さん

2017/9/2523:00:06

握力100キロはほんとですか?私は87キロ以上の人を見たことがありません。

しんぴ倒立はインナーマッスル。深部筋肉の強さがものを言います。表層筋の発達は関係ありません。日々の地道な努力です。毎日倒立練習。しんぴ倒立の練習は壁を使うのが一般的です。腕はバーベルを使って鍛えません。自重のみで腕立て、腹筋(v字腹筋)背筋(反りあげ式か、揺らし、しゃちほこ等)

ボディビルなどで表層筋を肥大させることを極端に進めれば体の柔軟性は抑えられます。どうしても足首、手首の可動域を悪くさせる場合もあります。
あなたの場合は握力がギネス的に強い訳で、おそらく手首の硬さを招いているのかもしれません。なぜ伸肘倒立がやりたいのかわかりませんが、あなたの今のトレーニングの方向性と全く違います。
今のあなたのトーニング目的が何か再確認し余計なことは考える必要はありません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

ato********さん

2017/9/2520:57:18

プランシェの腕立て伏せとシンピ倒立はあまり関係性が無い(肩の筋肉を使う所は同じだが、シンピ倒立は柔軟性があれば肩の筋肉はさほど必要では無い)と思います。

プランシェの腕立て伏せは体操で言えば上水平状態での腕立て伏せですので、肩の筋肉(首の僧帽筋含む)プラス上腕三頭筋その他(腹筋・背筋の上側)が必要です。そして自身の体重が不可となりますので、体重は減らした方が有利ですが、筋力で大半占めているのならそれで良いと思いますが・・。

また筋トレでベンチをされているみたいですが、ベンチは上腕三頭筋も強化されますが、主に大胸筋を鍛えます。手幅を広げれば大胸筋で、狭めれば(腕と脇がくっつく感じ)上腕三頭筋がより強化されます。壁倒立(手幅は肩幅で前腕・上腕は平行)での屈伸運動も上腕三頭筋が強化されます。

一応シンピ倒立の方法を以下説明します。
足先は30cmほど開き、バンザイの姿勢からできるだけ背中と肩関節を反らながら前屈します。手は肩幅で足先より10cm~20cm程度前に着きます。この時まだ重心はかかとにあり、肩は180度以上開き背中は反らしています。ここから腹筋と肩こう骨アタリの筋肉と肩の筋肉(三角筋)に力を入れ前に倒します。この時重要なことは肩関節は広げたままで腰関節は狭めたままにしておくことが重要です。横から見ると逆V字型になっていますが、誰でも腕と上半身の長さと脚部の長さを比較したら、腕と上半身の方が長いのでその角度を保ちながら重心を前に移動すると足先が浮いてきます(その時手の位置の垂直線より腰が前に出ています)。足先が浮けばそのまま脚を広げ倒立へともっていけます。
重要なことは技術も大事ですが、肩と腰の柔軟性、それにそれらの角度を維持(胴体と太ももを合体したままでなおかつ肩は180度開く)しておける筋力(肩と背中と胸と大腿四頭筋)が重要です。

ある程度柔軟性が無くてもそれを上回る肩の筋力等があれば出来やすくなります。

プランシェの腕立て伏せとシンピ倒立はあまり関係性が無い(肩の筋肉を使う所は同じだが、シンピ倒立は柔軟性があれば肩の...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

fpn********さん

2017/9/2520:35:36

筋力が不足しているような体躯には思えないが、背筋から首にかけて意識を集中させ、腰全体を上へつり上げるようなイメージで行えば、そう難しくはない技だと思ってよい。
私は体操を始めて半年もしないうちにできた。そう力が強い方ではない。
これは、しんぴ倒立がそう力を要する技ではないことを意味している。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

sut********さん

2017/9/2517:35:47

大して筋力はいりません。
上手く肩に体重を載せ、腰を吊ることが出来るかが重要となってきます。
最初は壁に向かってやると、いいかもしれませんね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる