ここから本文です

信長が、尾張から駿河に侵攻することはなかったわけですよね。 今川義元の首を...

rit********さん

2017/9/2522:06:37

信長が、尾張から駿河に侵攻することはなかったわけですよね。

今川義元の首を奪ったことが信長の快進撃のスタートでしょうけれど、その後駿河に攻め込まずに濃尾の統一に力を注ぎ、早い段階

で上洛を果たします。
もっぱら西への志向で、まったくぶれないようですね。
武田勝頼征伐までは東に軍勢を進めていないのですか。
(長篠の戦いにしても、武田がきたから相手をしたという感じでしょうか。)

閲覧数:
202
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

the********さん

2017/9/2917:50:16

信長および信長の部下が、尾張から駿河に直接侵攻することはなかったですね。

対今川の時には、駿河は、家康と信玄・北条の草刈り場になっています。
信玄亡き後、長篠の戦いに敗北した勝頼の領土としての駿河にも、家康軍が主力なって、掃討していますが、信長は滝川一益などを送り込んでいます。

一旦、家康軍が、平定した後の駿河を経由して、甲州攻めを行いました。
この時、信長軍主力は信濃経由ですから、駿河は通りませんね、

信長にとっては、勝頼が来たから攻めた格好になっていますが、早晩信州経由で侵攻するため、金森長近に飛騨国から、森長可にも下伊那経由での甲州侵入を命じています。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ans********さん

2017/9/2707:21:43

徳川の前身の松平には攻め込んでいました。松平が今川に人質を出すのも松平が織田家の侵略に今川家を頼ったからです。
駿河よりも美濃攻略して京都を押さえる方が朝廷などの権力を利用出来て良かったのでしょう。

三河の家康は同盟国だけど武田の守りに丸々利用出来るというメリットもあったのでしょう。家康は実質、同盟国でありながら配下みたいなものだったと考えられます。

ofd********さん

2017/9/2605:38:58

当時の日本の中心は京都です。

尾張から東に行く意味が無かったのだと思います。

nan********さん

2017/9/2603:47:23

上杉には贈り物を送りペコペコして、
武田には婚姻で手を結び、
東海は家康に抑えさせたら、
西に行くしかなかべ…

信玄が死んでバランスが一気に崩れた気がする…

aka********さん

2017/9/2523:36:37

東は徳川家康にやらせておきました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる