ここから本文です

ギター修理のトラブルについて。 1週間ほど前に、何度かお世話になった事のあ...

アバター

ID非公開さん

2017/10/401:12:30

ギター修理のトラブルについて。

1週間ほど前に、何度かお世話になった事のある楽器屋にてアコースティックギターのピックアップ取り付けを依頼しました。その際にギターのエンドピン部を拡

張してシールドを繋げられるようにしてもらいました。

しかし、その際にジャックを通す穴を斜めに空けてしまっているようで真っ直ぐにジャックのエンド部がなっていなく、ナットやジャックのカバーが1点のみ部分的にギターに接触している状態になっています。(画像が分かりにくくて申し訳ありません)

恐らくそれが原因であると思うのですが、何分か演奏しているとジャックのカバーやナットが緩んできてしまいます。緩むたびにナットの締め増しを行っているのですが、また緩んできてしまいます。

ギターを受け渡された際にそれに気づくべきだったのですが、音出しをした際にその状態に気づくことが出来ず、そのままギターを受け取ってしまいました。(受け渡しの際に店員さんからも特別何かを言われませんでした...)

そして帰宅後にその状態に気が付いたのですが、演奏上問題が無ければ見てくれが悪いだけならいいかと思い特別なアクションを起こしませんでした。

しかし、1週間の間に2回ほどライブを行ったのですがあまりにもジャックが緩んでしまい問題が出てきてしまったので、楽器店に相談しようかと考えております。

そして質問なのですが、皆さんが同じような状況でギターが帰ってきた場合は楽器店に相談するでしょうか?

また、どのような処置をしていただくのが適正だと感じますでしょうか?(返金をしろなどの要求をする気はありません、問題が起きないような状態にしていただくのが理想です)

拙い文章ですが、皆様の知恵をお借りすることが出来れば幸いです。

ナット,ギター,ジャック,楽器,何度かお世話,ロックタイト,モーター

閲覧数:
184
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/10/409:36:37

これは酷い施工ですね。
私は自分でもピックアップの取付はします。特にシールドジャック孔の作業が難しい訳ではありませんが…実は孔を拡げる作業は、孔を空ける作業よりは手間がかかります。それは少しづつ太さの違うドリルで孔を拡げないと、既にある細い孔の一部の壁面へ導かれるからです。そしてそのような手間をかけないと結果的にこのように斜めに通してしまうことになります。

ところでこのストラップピン孔のある部分はギターの補強をしているところなので、かなり太めの補強がされている場合もあります。そしてそんな分厚い補強がされているギターなら、見かけはほんの少し斜めにしか見えなくても…ギター内部から見たらかなりのズレとなっていると考えられます。

きっとやり直すことになれば、もう一度垂直に孔を通すことになるのでしょうが…それはギター内部から見たら楕円形の孔が開いていることになるでしょう。

私はこれは賠償問題だと思います。何故ならあなたが作業依頼した店はプロ?ショップであり、仮に外注施工だとしてもその責任は必ず問われるものです。ボランティアではないのですから。

もしこれが高級アコギでの施工なら誰の目から見ても賠償問題になると思います。しかしギターの値段で賠償問題が決する訳ではありませんからね。

先日、車庫の自動シャッターが動かなくなり、古くなった内部基盤と動力モーターの交換となりました。本来なら部品交換だけの割と簡単な?作業だと考えられるのですが…作業者がモーターを固定する部分を破損させてしまったのです(正確にはモーターを固定する台座を固定する部分)。

これは初めてシャッターを装備する作業よりも大変な作業となり…結局モーターの取付や費用は殆ど施工業者持ちとなりました。私には新しくなった基盤代金のみの請求で終わりました。勿論施工業者側が賠償問題を避けるためのことです。

尚、このような施工中の間違いや過失で作業トラブルになっても問題にならないように、施工業者は施工業者保険への加入が強いられているものです。例えば大手メーカー工場で作業をしようとすれば…必ず任意作業業者保険への加入を確認されます。

ただ一般楽器店での施工でそのような保険をどこまでの業者がかけているのかは分かりません。でも私が言いたいのは…これは賠償問題となっても当たり前のことなのだと言うことです。

念のため言いますが…あなたはここで怒るところです。楽器店への言い方を考えたり返金うんぬんを考えるところではありません。人が良いのもほどほどにするべきかと思います。

気分を害したならごめんなさいね。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/10/409:58:57

    ご返信ありがとうございます。

    ご丁寧に厳しく助言していただきありがとうございます。最後までしっかり読ませていただきました。

    最後の言葉にハッとさせられました。やはり今回の件についてはしっかりと責任問題を楽器店に追求しようかと思います。楽器店側がどの様な対応をしてくるかは分かりませんが、きちんと自分の納得できる形になるまで話し合いを進めていこうと思います。

    重ねてお礼申し上げます。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2017/10/417:06:15

リペアは技術力の差がある。
特に他に楽器店が無い地方の某00楽器チェーンなど心配になるレベルの店がある。
なので名人がいる所にしか出さないのが鉄則。
こんな仕事をしている店なら、ピックアップのバランスもいいとは思えない。
自分の場合ギターメーカーのK.Yairiの松尾さんに頼んでいる。
日本のレジェンドクラスのギターリペアをしている人。
ここのセッティングはどこに出しても評判がいい。
基本K.Yairiのギターしかみてもらえないが・・・
参考記事 日本の大御所のギター関連
http://www.takahashimitsuru.com/music/guitar/bl150rsb.html

リペアは技術力の差がある。
特に他に楽器店が無い地方の某00楽器チェーンなど心配になるレベルの店がある。...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2017/10/406:44:10

どういう修理の注文の詳細だったかにもよるとおもいますよ

詳細ですね

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kkksuper1999さん

2017/10/402:11:51

ふつう、こういうのはミス以外ありえないので、マトモな店なら「あっ!大変申し訳ありません!!キチッとやりなおします。もちろんお代はいただきません。いや、ホントすいません」となり、良心的なお店なら菓子折りの一つも持って店長が謝りにくるレベルの話ですね。


キッチリ話をしに行きましょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

2017/10/401:59:06

普通に思ったことそのまま言えばイイんじゃないですかね?まあ、店員も気付かないくらいの小さなミスだし、立ってそれなりの時間弾かなきゃわからんことなら1週間経っていようが文句は言われないと思います。

んで、普通に穴埋め・あけ直しを提案されるんじゃねーかなーとは思います。位置を変えないとその薄い板で微妙に斜めな部分だけで十分な接着強度もたせられるの?って疑問は残りますけどね。

それで再度依頼するかどうかは質問者さん次第かなと思います。最低でもその業者さんがやらかしたってことは確実に現物見てもらった方が良いですけどね?今後もその楽器屋さん経由で修理等を依頼するんであれば、その業者のところに行くわけですし、また何かやらかされてもシャレにならんし。

で、以下が個人的な意見みたいなモノになります。

まず、俺なら楽器屋経由で外注での修理なんてのは依頼しません。と言うのも、どこの誰が作業するのかもわからんなんて嫌ですからね。大切なギターで取り返しのつかない失敗をされるとか絶対に嫌ですから。信用できる工房にしか依頼しないんで、こういった斜めに取り付けられるなんて初歩的と言うか素人加工かよってこと自体がありえないです。

仮にそんな変な状態で返された日には二度と依頼したくもないんで、ナットのゆるみが気になる程度なら自分でどうにかして二度と依頼しないです。ナットのゆるみ程度ならシールテープを巻くor本体に付着しないように革のワッシャーを用意して低強度のロックタイトの使用で対応できますしね。ロックタイトは低強度でも緩むなら中強度に変えますが。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。