ここから本文です

まんが日本昔話のOPで、太郎が持っているでんでん太鼓って何か意味があるんですか?

aya********さん

2017/10/508:49:32

まんが日本昔話のOPで、太郎が持っているでんでん太鼓って何か意味があるんですか?

OPは龍の子太郎という話の様子なのは調べてお話も読んでよくわかりました。しかし何故でんでん太鼓を持っているのかがわかりません。

閲覧数:
134
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ori********さん

2017/10/518:58:11

2つの理由があると思います。
先ず、1つは、手に何も持っていないと、ビジュアル的に寂しかったので、何か持たせたかったということ。
そして2つ目、太郎が乗っているのは、彼の母親ですが、絵的には、龍が太郎を乗っけて、ただ飛んでいるだけのため、「龍の子太郎」の話を知らない人には、太郎と龍の関係性にすぐ気付けません。
お話を知らない人にも、この龍と子供が親子であると、雰囲気で伝えるために、母親が幼子をあやす時に使う玩具として、でんでん太鼓を太郎に持たせることで、「母の情愛」を表現する意図があったのだと思います。もし、これが小刀とかだったら、単に勇ましい男児の図となり、全く意味合いが変わってしまいます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kir********さん

2017/10/513:55:30

龍の子太郎とでんでん太鼓は関連しませんが、OPの歌詞に関連付けて持たせているのではないでしょうか?
伝統的な子守唄の歌詞に『~里のみやげに 何もろた でんでん太鼓に 笙の笛』というフレーズがあります。OPの歌詞は『坊や良い子だねんねしな』で始まり『母の恵みの子守唄』というフレーズもあります。
OPで子供が眠る前に母親が昔話を聞かせているようなイメージが湧いてくるように、歌詞や絵柄を考えたのではないかと思います。

白井黒子さん

2017/10/509:27:13

私の推測ですが
母親の龍と共に山を切り崩し湖を埋め立てる時に雷神様の協力を受けます
雷神様といえば風神雷神図にもあるように
太鼓を打ち鳴らすことで稲妻を起すといわれているので
たつのこ太郎がでんでん太鼓を使って雷様を指揮するというイメージではないでしょうか
または
OPでの龍は両目がありますが物語では失明していたので
目の見えない母龍に乗って飛ぶ方向を知らせるためにでんでん太鼓を使っていたのではないでしょうか

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる