ここから本文です

PM理論と中学校学級における生徒との関連について。 三隅氏の論文の中で 中学校の...

dai********さん

2017/10/1215:00:09

PM理論と中学校学級における生徒との関連について。
三隅氏の論文の中で 中学校の学級における生徒の「学級への帰属度」がPM>Pm>pMの順で高いと著されています。
この理由が明確にされていな

くて釈然としません。どのような関係性があるのでしょうか?

個人的には集団維持機能が高い方が帰属度も高くなると感じるのですが…
ご回答よろしくお願いします

閲覧数:
59
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hir********さん

2017/10/1511:38:12

実際にリアルに想像してみると
その論文は読んでないので、勘違いあるかもしれませんが
PM理論自体は勉強してる者の回答です。

PM 合唱コンクールや学校祭の時に先生や学級委員が上手くみんなに課題意識を与え、指示しよい結果が得られる。そして、体調にも配慮したり、仲間割れしそうなところや輪に入れない人にも気を使い、全体としてよい人間関係が保たれる。

Pm 上記同様、合唱コンクールや学校祭でよい結果が得られる。みんなで一つのことをやった達成感がある。その中で多少仲間割れやそこに参加できない人も一部ではあった。
→うちのクラスはエリート?(笑)という認識やプライドなどは持つ。

pM 合唱コンクールや学校祭では、よい結果は得られなかった。ただ、クラス全体は仲良しクラス。
→うちのクラスは仲良いよねー。止まり。

よってpMは、目的意識が低い学級で、学級に対しての帰属度は低いのでは?

学級に対しての帰属度の定義は明確になってますか?
その辺りも理解する上では重要だと思いました。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる